すくすく伸びる子どもたちに、本当に大切なこと

子どもが生きていくうえで大切な土壌、「自尊感情・自己肯定感」と「他者信頼感」

子どもが生きていくうえで大切な土壌、「自尊感情・自己肯定感」と「他者信頼感」

学研キッズネットfor Parentsの立ち上げからもうすぐ3年。すくすく伸びる小・中学生の子どもたちのために、家族のしあわせのためにと願い、様々な専門家の方たちの考えを発信してきました。その考えをすべて見渡すと、いくつか大事なことがあるということがわかってきました。それを1本の樹を子どもに見立てて絵にしたのが冒頭のイラスト。これまでの記事を振り返る形でまとめます。

社会がこの先どのように変化していくのか見えない時代ではありますが、子どもたちにはどんな環境にあっても自分のもってうまれた力を生き生きと発揮し、のびのびと生きていってほしいですよね。そのための大切な基盤となるのが「自己肯定感」であり「自尊感情」であると多くの専門家は言います。これはありのままの自分を受け入れ、大切にしたいと思う気持ちのこと。

生きていくうえで、なぜ「自尊感情・自己肯定感」が必要なのでしょうか。親野智可等先生は言います。

「自分はここに存在していいんだ。
自分は大切にされている。
自分は大切な存在なんだ。
自分は自分でいいんだ。

これが、生きていく上で一番大切な自己肯定感というものです。

これがあって初めて、がんばる力もわいてきますし、人を思いやる気持ちもわいてきます。」

子どもの存在を無条件に肯定する「一緒にいられて幸せ」という言葉を贈ろう
「子どもが伸びる親力」(親野 智可等先生)

特集第1回の今回は、この「自尊感情・自己肯定感」を育むために必要な土壌について考えていきます。

このページの目次

  1. 日本人は「自尊感情・自己肯定感」が低い!
  2. 「自尊感情・自己肯定感」を育てる土壌は家庭
  3. 子どもを一人の人間としてリスペクトした声かけを
  4. 感謝の気持ちは思いやりの心を育てる

1. 日本人は「自尊感情・自己肯定感」が低い!

「自尊感情」「自己肯定感」という言葉を最近、よく耳にするようになりました。これは先ほども説明したように、ありのままの自分を受け入れ、大切にしたいと思う気持ちのこと。人がのびのびと生きていくうえで欠かせない感情です。ところが残念なことに、日本人はこの感情が低いそう。

「『自分はダメな人間だと思うことがある』などネガティブな問いに対して、『とてもそう思う』『まあそう思う』という回答は米国・中国・韓国を大きく上回っているという結果が出ています。」

国立青少年教育振興機構が行なったこの調査結果やその理由について、中曽根陽子さんがくわしく教えてくれています。

第3回 自尊感情を高めるための親のかかわり方
「AI時代を生き抜くために 『失敗力』を育てる6つの栄養素」(中曽根陽子さん)

↑目次に戻る

2.「自尊感情・自己肯定感」を育てる土壌は家庭

子どもの自尊感情は、我が子を無条件で大切に思う親の気持ちが子どもに伝わってこそ育まれるもの。そのため「親の言うことを聞いたとき」「よい成績を上げたとき」だけほめる「条件つきのほめ方」では不十分。子どもは「がんばらないとほめられないのかも」「よい子でないとほめられないのかも」と思ってしまい、安心することができません。

大切なのは「あなたと一緒にいられて幸せ」「どんなあなたも大好きだよ」という気持ちを伝えることだと親野先生は言います。

子どもの存在を無条件に肯定する「一緒にいられて幸せ」という言葉を贈ろう
「子どもが伸びる親力」(親野 智可等先生)

子どもが「存在している」という、極めて当たり前と思えるようなことにも目を向け、感謝することが、子どもの「勇気づけ」になると言うのは松井美香先生。

困難を乗り越える力を育てるために、大切なこととは
「くやまない、悩まない、自分を責めない――心がラクになるアドラー流子育て」(松井美香先生)

「〇〇してえらいね」「〇〇ができるなんてすごいね」ではなく、「あなたがいてくれて本当にうれしいよ」という姿勢。子どもが安心して育っていくために大切な、この気持ちを子どもに伝えるにはどのように声をかけたらよいのでしょうか。

↑目次に戻る

3.子どもをひとりの人間としてリスペクトした声かけを

3.<span id=sp1-03>子どもをひとりの人間としてリスペクトした声かけを</span>

子どものありのままの存在を受け入れるということは、子どもをひとりの人間として尊重し、大切にするということです。「親に大切にされているという実感がある子は自分で自分を大切に」できます。自分で自分を大切にできることこそ、「自尊感情・自己肯定感」が高い証といえるでしょう。

思春期・反抗期の子には、どう接すればいい?
「子どもが伸びる親力」(親野 智可等先生)

ところが親は子どもをひとりの人間としてリスペクトしているとは思えないような言動をとることがよくあります。たとえば「何やってんの!」「どこへやったの!」「いつまで起きてるの!」「なんでできないの!」「誰なの! テーブルを濡らしたのは!」などといった5w(what/where/when/why/who)を使った叱り文句。これは子どもが、親が思うように行動しないために生じるストレスを子どもにぶつけて困らせようとする親の気持ちの表れだと親野先生は言います。

親は「何、どこ、いつ、なんで、誰」の5Wで子どもを困らせる
「子どもが伸びる親力」(親野 智可等先生)

子どもが宿題をやっていないとうすうす感づいていながら発する「宿題やったの?」というような意地悪な質問形も、「子どもを困らせてやりたい」という親の裏の意図が隠れていることが多い、と親野先生。

「片づけしたの?」「宿題やったの?」「明日の仕度したの?」など。「質問形」の裏に隠れているもの
「子どもが伸びる親力」(親野智可等先生)

ついつい何度も言ってしまう「早くしなさい!」という言葉も親の都合によるもの。これが続くと子どもは、「自分は親から大切にされていない。愛されていない」という気持ちになり、親からの愛情不足感を感じて自己肯定感が低下したり、ひいては親の顔色をうかがう指示待ち人間になったりしかねません。

何気なく言っている「早くしなさい!」の口癖。弊害がたくさんあります
「子どもが伸びる親力」(親野智可等先生)

「がんばってね!」の声かけは、時と場合によっては子どもをひどく傷つけ、ゆがめてしまうことがあると教えてくれるのは宮本哲也先生。

「がんばってね!」は禁句です
「賢い子ども」の育て方(宮本哲也先生)

では、望ましくない声かけをしそうになったとき、わたしたちはどうすれば良いのでしょう。それは、難しいことではないと松井先生は言います。「どうしたいの?」「どうすればいいかな?」「どうやったらできると思う?」というように、問いかけるようにすれば子どもに考える力さえつくと言います。

自分のことは自分で解決する~考える力をやしなう声かけ~
「くやまない、悩まない、自分を責めない――心がラクになるアドラー流子育て」(松井美香先生)

子どもたちと良い関係を築くために、多くの保護者が日々奮闘しています。それでも子どもが自分の思う通りに行動しないと――忙しいときや、受験やテストなどの目標があるときはなおさら――声を荒げがちです。そんなときの感情コントロールにはコツがあります。

「自分の心の動きに気づけば子どもにぶつけなくてすむ」と説くのは親野先生。「感情『』伝えるのではなく、感情『』伝えましょう」と説くのは松井先生です。

メタ認知力をつければ自分のストレスを子どもにぶつけなくなる
「子どもが伸びる親力」より(親野智可等先生)

 「叱る」「怒る」より効果的な子どもとのコミュニケーション
「くやまない、悩まない、自分を責めない――心がラクになるアドラー流子育て」(松井美香先生)

↑目次に戻る

4.感謝の気持ちは思いやりの心を育てる

親が子どもの存在をありのまま受けとめ感謝するという行為は、子どもの思いやりの心を育てます。思いやりを育む他者への関心や信頼感は、自尊感情や自己肯定感とともに大切なもの。子どもの心に他者への優しさが育つ土壌が耕されるかどうかも、わたしたち大人の意識にかかっているようです。

「(他者に)感心をもつためには、まず所属する共同体(家庭、学校、地域など)の中で、自分が他者の役に立っていると感じる必要があります。なぜなら、自分が人の役に立てるという感覚が持てなければ、人は思いやりをもって行動しないものだからです。」と松井先生。

そのためには、「お手伝いしようかな」と行動に移した子どもに対して、たとえそれが不慣れなものであったとしても「ありがとう! 助かる」と感謝の言葉を口にすることが大切。アドラーによると、「人は、良いところも悪いところも、注目されたところが強化する」そうです。子どもの優しい気持ちをわたしたちが大事にすれば、子どもは自分の思いやりが「注目された」と感じることでしょう。

思いやりのある優しい子に育てるために
「くやまない、悩まない、自分を責めない――心がラクになるアドラー流子育て」(松井美香先生)

子どもへの観察力が大事、と教えてくれるのは親野先生です。今、声をかけられる状況かな、とまず考え、楽しい話をして雰囲気をつくってから親の伝えたいことをさりげなく伝えれば、不毛で不必要な言い合いを避けることができます。よい親子関係を築くことが、子どもの、他者を信頼する気持ちへとつながっていくのですね。

親がひと工夫するだけで、子どもの「わかってる。うるさい」の反抗がなくなる
「子どもが伸びる親力」より(親野智可等先生)

最後に親野先生の、「子どものころ大人に言われて救われた言葉」を紹介して、第1回を終わります。「子どもが救われる言葉は、大人の自分が言われてもうれしい言葉なんだな」と、みなさんも感じるのではないでしょうか。自分が言われて嫌な言葉は子どもにもかけない。言われたらホッとするような言葉で子どもとコミュニケーションをとる。明るい方向へ進む方法は意外とシンプルなのかもしれません。

子どものころ大人に言われて救われた言葉
「子どもが伸びる親力」より(親野智可等先生)

↑目次に戻る

次回は「自尊感情・自己肯定感」を育むために実は大切な規則正しい生活リズムと、子どもの「やる気」についてひも解いていきます。

学研キッズネット編集部(がっけんきっずねっと)
『学研キッズネット』は、1996年にオープンした小・中学生のためのWebメディアです。
学研の子ども向け書籍や雑誌の編集ノウハウを活かし、子どもたちが安全に楽しめるサイトとして運営しています。
子どもたちのしあわせのために、家族のしあわせのために、有益な情報やサービスをお届けできるよう、いつも精一杯がんばっています。

すくすく伸びる
子どもたちのために