教えて! 陰山先生

第26回 声をかけても片づけない、宿題もしない小5の息子

第26回 声をかけても片づけない、宿題もしない小5の息子

質問

わたしには、小6の娘と小5の息子がいます。

小6の娘はわりとしっかり者で、声をかければお手伝いはちゃんとしてくれますし、勉強もそこそこがんばっています。
それに比べて小5の息子は、部屋を散らかすし、お手伝いもろくにせず、宿題もよく忘れています

もちろん娘も、部屋を散らかすことはありますが、遊びやテレビに夢中になっていても「ちゃんと片づけて」と声をかければやってくれます。同じ状況でも、息子はわたしの声にまったく反応しません。
「聞こえないの?」と聞くと、「聞こえてるよ」と答えるのですが、なかなか動いてくれません。宿題も「やったの?」と聞いても生返事しかせず、結局やっていかないことが多々あります。

もうすぐ6年生になるのですから、せめて自分のこと(身のまわりの片づけや宿題)だけでもやってはしいと思うのです。
こんな息子を指導する方法を教えてください。

回答

しっかり者のお姉ちゃんとわんぱくな弟。よくある姉弟関係ですね。そのようすが目に浮かんできます。弟さんの方は、お姉ちゃんやお母さんに甘えていて、自分が多少手を抜いてもフォローしてもらえるということを、わかっているようなところがありますね。だから、こちらが何か注意しても、そうやってお母さんにかまってもらえることを喜んでいる面もあるでしょう。

しかし、それはそれとして、宿題や片づけなどは、自立してやれるようになってほしいところです。では、いったい、どうすることが重要なのでしょうか。

片づけと宿題の時間を決めることから始めましょう

一番ポイントとなるのは、時間の使い方です。遊びもテレビも宿題も片づけも、すべての時間を管理してみましょう。

まずは宿題をする時間帯を決めてください。もし、学校から帰ってすぐにする・夕食前にするという約束をしているのなら、夕食の前にそれを確認する必要があります。

このとき、約束をたがえて宿題をやっていなければ、それを終えるまで食事をおあずけにしてしまいましょう。決めたことがルーズになってしまうと子どもは、約束は破ってもよいものだという理解をしてしまいます。

もし寝るまでにやっておくというのなら、やはりそれも寝る前にチェックする必要があります。親がチェックをしなければ、当然のことながら、子どもはその約束をすり抜けていってしまうでしょう。

男の子の特性を理解して冷静に根気よく指導すること

次は片づけです。片づけというのは、意外と時間がかかります。ふだんから手伝いもせず片づけもしていないなら、なおさら要領が悪く、時間がかかるでしょう。ですから、片づけのための時間をしっかりと取り、最後にできたかどうかをチェックすることが必要です。

ここで重要なのは、何をどのように片づけるのか、あらかじめ子どもにきちんと分からせておくことです。
女の子の場合、片づける物や場所を、たいてい自分で決めることができます。また親も、自分は片づけができるので、簡単なことと思いがちです。けれども、男の子にとっては、何をどこに置くか決めることは、ひじょうに高度な学習なのです。

ですから、片づけやすいように、棚や引き出しなどを日常的に整理するようにした方が良いでしょう。学習道具をどこにしまい、おもちゃをどこにしまうのが良いか、一度、休日にしっかりと時間をかけ、整理の具体的な方法を親子で話し合いながら決めて、その日から実行してみましょう。
さらに、15分とか20分とか、毎日の生活のなかに片づけの時間を決めておくのも良いでしょう。

先ほども述べたように、子どもにとって片づけというのは、大人が思う以上に長い時間を要することなので、「要領が悪い」と言って注意したり、「不真面目にやっている」と決めつけたりすることは決して良いことではありません。粘り強く、しかるべきものをしかるべきところにしかるべき方法で置く、ということを学習させてあげてほしいと思います。

「男の子は、言えば言うほどに反発し、動かなくなるか、あるいは反対の行動をするものだ」と、あらかじめ理解して取り組むと、あまり感情的にならずに冷静に対応できるのではないでしょうか。

大人の時間管理も大切なポイントに

さて、このように考えていくと、男の子がきちんと宿題や整理をするというのには、大人の側の粘り強い取り組みが必要になってきます。そうなると、真っ先に考えなければならないのは、子どもたちのためにどうすれば時間を生み出すことができるのか……意外にも、大人の側の時間管理が問われてくるのです。

父親をはじめ、家族みんなと連携しながら、家庭のなかでの時間と物の合理的な管理のしかたを確認しあい、その枠組みのなかに子どもの活動が入っていくように考えてあげてください。

【編集部より】小・中学生のお子さんに関する、陰山先生への質問をお寄せください。お待ちしています

陰山英男(かげやまひでお)
1958年兵庫県生まれ。岡山大学法学部卒。
兵庫県朝来町立(現朝来市立)山口小学校教師時代から、反復学習や規則正しい生活習慣の定着で基礎学力の向上を目指す「隂山メソッド」を確立し、脚光を浴びる。
2003年4月尾道市立土堂小学校校長に全国公募により就任。百ます計算や漢字練習の反復学習を続け基礎学力の向上に取り組む一方、そろばん指導やICT機器の活用など新旧を問わず積極的に導入する教育法によって子どもたちの学力向上を実現している。近年は、ネットなどを使った個別の小学生英語など、グローバル人材の育成に向けて提案や実践などに取り組んでいる。
2006年4月から立命館大学 教授(立命館小学校副校長 兼任)に就任。現在は、立命館大学 教育開発推進機構 教授(立命館小学校校長顧問 兼任) 。全国各地で学力向上アドバイザーなどにも就任し、学力向上で成果をあげている。また、北は北海道,南は沖縄まで、全国各地で講演会を実施している。
過去には、文部科学省 中央教育審議会教育課程部会委員,内閣官房 教育再生会議委員,大阪府教育委員会委員長などを歴任。
著書多数。
Webサイト http://kageyamahideo.com/