シリーズ 専門家にきく!

「知識への扉をひらく 図鑑のひみつ」図鑑編集室インタビュー 第4回(全4回)

第4回 進化する図鑑を親子で楽しむために

―わが子にあった図鑑を選ぶための具体的なポイントを教えてください。


親子でいっしょに本屋さんへ行って、お子さんが気に入った図鑑を選ぶのがいいと思います。とくにお母さんは、図鑑は同じシリーズでそろえたい願望があるんですよ。棚にきれいに並べたいんですよね。でもそれは大人の都合です。子どもの本ですから、子どもが気に入って「欲しい」という図鑑を買ってあげてください。同じシリーズが棚に並ばなくてもいいということは、ぜひお伝えしたいです。

―植物と動物とでちがう種類の図鑑でも、恐竜の図鑑が棚に1冊だけでなく何冊並んでいてもいいんですね。

そうです。子どもはなにを好きになるかわからない。わたしも子どものころ、家に百科事典セットが置いてあったので、ひまなときにパラパラ見て、生き物を好きになったり、植物に興味をもったりして世界が広がっていったように思います。

―近ごろは百科事典セットを置いている家が少なくなりましたが、子どもが興味や知識を広げていくために保護者はどうすればいいでしょうか。

子どもは親の背中を見て育ちますから、保護者の行動が子どもの興味や知識のきっかけになります。保護者が本を読めば子どもも本を読む。そこでなにかを好きになったり興味をもったりして世界が広がっていくと思います。図鑑の場合も同様です。

―なるほど。保護者が図鑑を読むというのがポイントなのですね。

はい、保護者にぜひ図鑑を読んでいただきたいです。生物の進化系統図などを見ると、保護者が子どものころとちがっていておもしろいですよ。たとえば、鳥はいま恐竜の一部ということになっています。ちなみに恐竜は、は虫類かつ脚が真下に伸びるというのが定義です。各社の図鑑とも系統図や定義をきちんと記載していますので、テレビの近くに図鑑をおいて、興味をもったらその場で調べてみてください。それだけでも家庭のなかでかなり活用していただけると思います。


―保護者にとっても勉強になりますね。さて、いまはネットにさまざまな情報があふれています。ネットで情報を検索することと、図鑑で調べることのちがいを教えてください。

ネットと図鑑ではそもそもの用途にちがいがあります。ネット検索では、電子辞書のようにピンポイントで知りたいものが調べられます。恐竜のセントロサウルスのことを知りたければ、ネットで「セントロサウルス」と検索すれば情報が出てきます。

ただ、子ども向け図鑑の読者は、一覧性を求めて図鑑を手にすることが圧倒的に多い。とくに図鑑をはじめて見るお子さんは、絵本のように見て、こんなのがいるんだ、これかっこいいとパラパラ見ること自体が楽しいんです。まずは図鑑で興味をもち、そこから調べるという順番で興味や知識を深めていけばいいと思います。興味をもてば文を読みます。漢字にはすべてふりがながあるので図鑑で漢字をおぼえるお子さんも多くいます。

―図鑑とICTを連動させた新しいスタイルがあればご紹介ください。

学研の図鑑LIVEシリーズには、生き物たちが生きる姿を伝える映像を収めたDVDがついています。また、無料アプリを利用すると、スマホやタブレットを図鑑にかざすだけで動物や昆虫の動くようすや、恐竜などの3DARが見られます。とくに恐竜は、生きている個体を見ることができませんから、実際の体験のかわりとして3DARを観察できるメリットがあります。


※AR(Augmented Reality)現実世界で、実際にはその場にないはずの映像やCGを重ねて表示する技術や手法のこと。拡張現実。

―おもしろいですね。AR、VR(バーチャルリアリティ、仮想現実)などの最新技術を導入できるようになって、これから図鑑はどう変わっていくのでしょうか。 

図鑑そのものはあまり変わらないと思っています。子どもたちは好きなものが、たくさん、くわしく見られるという図鑑の本質が好きなので、今後、AR、VRなどの技術を導入することになったとしても、あくまで「オマケ」の部分ではないでしょうか。

子どものお楽しみにこたえるため、新しくて正しい情報、子どもが喜ぶ素材を取り入れた、「おいしくて楽しいお菓子」として、これからも図鑑はつくり続けられていくだろうと思っています。

 

―とても刺激になるお話でした。子どものころ図鑑にはまって知ったことや楽しんだことは、きっとなにかの形で子どものなかに残るのだろうと感じました。松下さん、どうもありがとうございました。

梅本真由美(うめもとまゆみ)
サイエンスライター。
長野県出身。NTT勤務を経てNTT系列の広告代理店で編集・マーケティング・企業向けWebページの企画制作などを担当。結婚後は専業主婦となる。2002年、 「天文台マダム日記」の公開がきっかけでライターに転身、朝日新聞・天文雑誌などに執筆多数。現在、月刊星ナビにて「天文台マダムがゆく」、国立天文台の公式サイトにて「天文台マダム VERAに夢中!」を連載中。