〜ヒラからPTA会長まで〜 PTAひととおりやってみた

第16回 PTA会長に着任

第16回 PTA会長に着任

互選会で次年度のPTA会長に内定したわたし。正式な着任は半年後ですが心の準備を始めていました。

PTA会長としての活動にそなえる

11月の互選会で次期PTA会長候補者に決まってから、翌年5月のPTA総会で正式にPTA会長として承認されるまでの半年の間に、わたしには準備すべきことがありました。それはPTA活動と仕事を両立させるためのスケジュール調整です。

PTA会長の役割を考えたときにいちばん大事なことは、PTA組織の「顔」としてその場に「いる」ことだと思ったからです。

これまでの経験から、わたしの学校では文化部主催の行事や、PTA運営委員会といったほとんどのPTA行事が土曜日に開催されることがわかっていました。

また、本部役員が集まってPTAの運営について話し合う役員会も基本的には土曜日に行なっているとのこと。

わたしは、PTA会長として活動するこの1年だけは、なるべくPTA活動を最優先にしたいと考えていたので、その準備期間があったのはありがたかったです。

その後、現PTA会長から引き継ぎを受けました。あくまでわたしの学校の場合ですが、会長がこの1年間に学校へ足を運んだ日数は、学校行事への出席や短い滞在も含め、週に1日強だと教えてくれました。この日数を多いと感じるかどうかは人それぞれだと思います。わたしは、やはりそれなりに足を運ぶ必要があるのだな、と思って腹をくくりました。

PTA会長に着任、PTA総会でスピーチをする

翌年の5月、PTA総会の場で本部役員候補者全員が承認され、わたしは正式にPTA会長に着任しました。わたしの学校のPTA総会では、会長は着任と同時に、「着任のあいさつ」として、所信表明のようなスピーチをします。PTA総会は年に一度だけですので、この「着任のあいさつ」が、その年のPTA会長がどんなビジョンや考えをもっているのかを自分の言葉で直接会員のみなさんに語りかける唯一の機会でした。

着任のあいさつでわたしは、PTA活動は子どもたちのための活動であること、さまざまな貢献活動があるが子どもの身近で活動できるのがPTA活動の特徴であること、そして、PTA活動は高校を卒業してしまったらもうできなくなるので、いましかできない貴重な活動をともにしていきたい、その活動のための縁の下の力持ちとして、本部役員とともに活動していきたい、という話をしました。これは正直な自分の気もちでした。

またPTA活動そのものの歴史に触れ、現在のPTAは学校との協力関係にあること、この学校のPTAでは「できる人ができるときにできることをすればいい」というようなことも話したように思います。

かつてのわたしがそうだったように、PTAと聞いただけでドン引きしてしまったり、負担が多いというイメージを抱いている人がいるとしたら、そんな気持ちを少しでも払拭したいという思いを込めてしゃべりました。

本部役員の仕事

PTA総会では、わたしを含む9名の本部役員が承認されました。それぞれどんな役職・役割があるのでしょうか。

副会長(2名)

会長を補佐し、会長の不在時には会長代行となります。わたしの学校では、学校内のPTA仕事すべてに関する実務の長が副会長です。その仕事内容は、文化部・会報部・学年委員会の活動を把握、企画書類のチェック、予算配分への目配りなど多岐にわたります。各部長、委員長からの相談を受け、本部役員で話し合った内容を伝えたりアドバイスをするのも副会長の仕事です。

書記(2名)

PTA本部が発行するすべての書類を作成します。PTA総会、PTA運営委員会、役員会の議事録を記録し、印刷物にまとめます。手書きで記録していた時代もありましたが、いまはほとんどパソコンを使って議事録を作成しています。

会計(2名)

PTA運営にかかわるすべての経費を管理します。各部、委員会に予算を配分し、正しい手続きで経費として使われているかを確認します。

わたしの学校では、万が一PTA活動中にけがをしたりしたときのためにPTA保険に加入しています。このPTA保険にかかわる仕事も担当します。

会計監査(2名)

年度の終わりに会計監査をします。また1年を通じてPTA本部の庶務として、こまごまとした仕事をサポートします。

 

本部役員はともにPTAを運営するメンバーとして話し合いながら協力していきます。9人が手を携え、わたしのPTA会長としての1年が始まります。

梅本真由美(うめもとまゆみ)
サイエンスライター。
長野県出身。NTT勤務を経てNTT系列の広告代理店で編集・マーケティング・企業向けWebページの企画制作などを担当。結婚後は専業主婦となる。2002年、 「天文台マダム日記」の公開がきっかけでライターに転身、朝日新聞・天文雑誌などに執筆多数。現在、月刊星ナビにて「天文台マダムがゆく」、国立天文台の公式サイトにて「天文台マダム VERAに夢中!」を連載中。