ただいま中学1年生

第4回 怒鳴らない先生VS.キレる母

第4回 怒鳴らない先生VS.キレる母

長期休暇明けの初登校の日、事件は起きました。
ひさびさの学校なのに、午前中は通常授業、体育はプール、午後はマラソン大会の予選、部活もあるという、盛りだくさんの時間割です。教科書にプールバッグ、体操着、テニスラケット、さらにロッカーに入れる大きな箱まで持っていかなかくてはいけないので、「わたしが学校まで運ぼうか?」という話を前の晩からしていたのですが……。

ハルキの言動にイライラが爆発!

当日朝になっても、「持っていけるかな、どうしようかな」と決められずにいるようです。わたしも仕事で8時30分には家を出るので、学校に行くなら猛スピードで準備しないといけないのに……。
(早く決めてよ!)と心のなかで思っていたところに、今度は学校のマラソン大会のへ不安をつぶやき始めたハルキ。

「最近走ってないから無理かな」
「手抜きでいいか」

ときどき父親とランニングをしているのですが、部活が始まってからは時間がとれず、ほとんどできずにいました。ハルキは自分が不利になると、ネガティブなことを口にする傾向があり、わたしは以前からそれが気になっていました。

「なんでも、うまくいくことばかりじゃないの」
「いい結果が出せそうになくても、そのときの出せる力でやってみるとか、ときにはやり過ごすことだって必要なんだよ」
「自分が不利になると言い訳するのはカッコ悪い」
「そういう考え方が大嫌いだ~~~~~」(×2回リピート)

わたしが荷物を運んだほうがいいかの返事を聞きたかったところに、そんな言い訳がましい話をされたので、イライラが爆発してしまったのです。

その直後は
「ひどい……」
とだけ言って身支度を続けたハルキ。

数分後、わたしのところに歩み寄ってきて
「こんなに心臓がドキドキするのはどうしてだろう」
と力なくつぶやきます。

ハルキの胸に手を当ててみると、ドクンドクンと大きな鼓動を感じます。
「ほんとだ……」
とわたし。
そして、大きな荷物を前とうしろに抱え、ふて腐れた顔で登校してしていきました。

先生が大きな声で叱らない理由

動悸がしたまま、泳いで、マラソンをして、部活をやったらどうなってしまうんだろう。急に不安になり、学校へ電話。担任の先生が不在だったので、同じ学年の先生に朝のできごとを正直に話し「具合が悪そうだったら、運動はさせないでほしい」と伝えました。

仕事に向かう途中、担任の先生が携帯に電話をくれ、
「電話をもらう前に、ちょうどハルキ君と話していたのですが、いつも通り元気でしたよ。自律神経のバランスがちょっと崩れたんでしょうね。お母さんから電話があったことを伝えて、『具合が悪かったら先生に言うんだよ』と伝えましたから」と言ってくれました。先生のこの言葉にどれだけほっとしたことか。

わたしの言葉は、ハルキが動悸を起こしてしまうくらいひどいものだったのか。
「大嫌いだ~~~~~」
がハルキの中でリフレインしたんだろうな……。
ハルキがじゃなくて、考え方がだよ、と心のなかでつぶやいてみる。

いつも注意をするときは、叱るというより、感情的になってしまうわたし。これから思春期に入り、親の言うことも聞き入れにくくなるだろうし、わたしがこんなことではいけないと、さすがに反省しました。口ではうまく伝えられない気がして、ハルキに手紙を書きました。感情的に叱ってしまうことを謝り、これからはもっと言葉を選ぶことを約束しました。

部活を終え、帰宅したハルキ。心配をよそに、いつも通り元気なようすでした。わたしの手紙を読み終えると、「うん」と一言。

「先生、なんて言ってた?」
「ん? 『ケンカしたの?』って」

ハルキは、担任の先生をとても信頼しています。先生のクラスになり、はじめて叱られたとき、

先生は叱るときに

  • 大きな声は出さない
  • 長い時間は叱らない
  • 人と比べない

と言っていたそうです。大きな声で叱ると、子どもは、怒鳴られるからやってはいけないと思ってしまうからだそうです。

その通りです。育児書にもそう書いてあります。でも、いざとなると感情的になってしまうんです、母は……。

担任の先生は、わたしと同世代だと思います。先生にとって、たとえそれが仕事だとしても、実践できているということはやっぱり立派です。
「先生を見習おう。次に大きな声で叱りそうになったら、とりあえずトイレにかけこんで、深呼吸してみよう!」と、心に誓ったのでした。

竹内ナナ
ナナ竹内(たけうちなな)
夫と息子との3人暮らし。神奈川県在住。
出版社勤務を経て、フリーランスのライターに。息子がテニスを始めたのを機に、自分もスクールに通って、基礎をきちんと学びたいと思う今日このごろ。青空の下、家族でテニスを楽しみたい。