【小学生対象】いまこそ「どうして学校にいく必要があるんだろう?」を親子で話し合ってみよう!書籍『答えのない道徳の問題、どう解く?』期間限定で無料公開中!

株式会社ポプラ社は、2018年に刊行し、大きな反響を呼んだ『答えのない道徳の問題、どう解く?』を期間限定で無料公開します。あわせて新しい問いかけの「がっこう、どう解く?」を発表しました。ほかにも、「どうして勉強をしなきゃいけないの?」「ついていい嘘とついちゃいけない嘘は、どう違うの?」など、大人でも答えを出すのが難しい13の問題について考えました。

答えのない道徳の問題 どう解く?


『どう解く?』編集部から、新しい「問い」をひとつご紹介しています。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020年4月時点で95%以上の公立小学校が休校となり、教科書や紙、デジタル教材等を用いた家庭学習が行われました。家で過ごす時間が増え、そしてまた学校が始まろうとする今だからこそ、「答えのない問題」について親子でじっくり考えてみていただけたらと思います。

■「学校」について子どもたちが感じていることとは?

※動画の中で、お子さんが義務教育について語っている場面があります。「義務教育」という言葉は誤解されやすいですが、子どもに教育を受けさせる「義務」は親・保護者にあり、子どもには「教育を受ける権利」が保障されています。(日本国憲法・子どもの権利条約)

▼『答えのない道徳の問題、どう解く?』を期間限定で全ページ無料公開中
https://saas.actibookone.com/content/detail?param=eyJjb250ZW50TnVtIjo0Mjk1N30=&detailFlg=0
※無料公開期間:2020年5月30日まで(変更になる場合があります)

「がっこう、どう解く?」に至る作者の想いが届きました


著者【左から:きむら よう(絵)・やまざき ひろし(文)・にさわだいら はるひと(絵)】

「どう解く?は、親子で話し合うことを目的につくった本です。学校が休校になり、家で過ごすことが増えたいま、親子の会話が少しでも増えるといいなと思い、全文公開することを決めました。また今回「がっこう、どう解く?」という、新しい問いを作りました。学校に行けなかったからこそ、子どもたちが感じる想いや考えをぜひ親子で話し合ってもらえればと思っています。」

■著者である3名のパパクリエイターがベネッセ「きょうの時間割」に先生として出演、「がっこう、どう解く?」がオンライン授業に登場
休校中の生活リズムづくり応援を目的に株式会社ベネッセコーポレーションが運営するオンライン教室「きょうの時間割」に『答えのない道徳の問題、どう解く?』の著者であるパパクリエイター3名が先生として出演し、「がっこう、どう解く?」のオンライン授業を行いました。

「きょうの時間割」5月8日(金)配信分 【1時間目】
コピーライターざっきー先生、アートディレクターようさん先生、はるさん先生
アーカイブ映像はこちら
https://sho.benesse.co.jp/cp/sho_online/archive/

■特設サイトでは、学校等での「どう解く?」風景の動画・授業レポートを公開中
https://www.poplar.co.jp/pr/doutoku/

【授業レポート】
・ついてもいい嘘って、どんな嘘? 『答えのない道徳の問題 どう解く?』を教材にした、道徳の授業の進め方(https://www.poplar.co.jp/topics/45593.html

・多数決で決まったことって正しいの?『答えのない道徳の問題 どう解く?』を教材にした、道徳の授業の進め方【中学校編】(https://www.poplar.co.jp/topics/46449.html

・どうして勉強しなくちゃいけないの、という子どもの問いに答えられますか? 『どう解く?』を使った大人のためのワークショップ(https://www.poplar.co.jp/topics/47539.html

【授業用ワークシート等ダウンロードページ】
授業風景動画と、授業用にフォーマットを加工した「どう解く?」ワークシートも公開。
https://www.poplar.co.jp/pr/doutoku/lesson/

『答えのない道徳の問題、どう解く?』書籍情報


【書名】答えのない道徳の問題 どう解く?
【作者】文:やまざき ひろし/絵:きむら よう/絵:にさわだいら はるひと
【発売年月】 2018年3月
【判型】 A4変型判(190mm x 210mm) 91ページ

「ついていい嘘と、ついちゃいけない嘘ってどう違うんだろう?」「人数が多いほうが、正しいってどうして言えるんだろう?」「どうしてお母さんは、ボクの嫌いな勉強をおしつけてくるんだろう?」など、どう考えてどう答えたらよいのか難しい問題ばかりを子どもから大人までみんなで考えました。

いろいろな意見を集めた「考えるためのヒント」では、池上彰さん、羽生善治さん、谷川俊太郎さん、ミッツ・マングローブさん、能町みね子さんなど各界のみなさんにも考えていただいた意見を掲載。親子で、家族で、友達同士で考えて、議論する道徳の本。子どもと本音で話しができる! 巻末の書き込み式ワークシートを使えば、対話の記録を残すことができます。
書誌ページ:https://www.poplar.co.jp

■出版社紹介
社名:株式会社ポプラ社
所在地:〒102-8519
東京都千代田区麹町4丁目2番地6 住友不動産麴町ファーストビル8・9階
設立:1947年6月
事業内容:児童書、一般書などの出版
企業サイトhttps://www.poplar.co.jp/ 

■「学研キッズネットFor Parents」のニュース一覧はコチラ■
https://kids.gakken.co.jp/parents/

学研キッズネット編集部(がっけんきっずねっと)
『学研キッズネット』は、1996年にオープンした小・中学生のためのWebメディアです。
学研の子ども向け書籍や雑誌の編集ノウハウを活かし、子どもたちが安全に楽しめるサイトとして運営しています。
子どもたちのしあわせのために、家族のしあわせのために、有益な情報やサービスをお届けできるよう、いつも精一杯がんばっています。

すくすく伸びる
子どもたちのために