シリーズ 専門家にきく!

現代版 “てらこや”で地域ぐるみの教育を NPO法人全国てらこやネットワークインタビュー 第1回(全4回)

全国各地で行なわれている地域総掛かりの教育プロジェクト、“てらこや”。寺子屋といえば社会の教科書にのっていた江戸時代の私塾を思い出しますが、現代版 “てらこや”で、子どもたちはどんなことを学んでいるのでしょうか。てらこやという新しい学びのコミュニティを作りだし、地域で子どもを育てる取り組みを行なってきた、NPO法人全国てらこやネットワークの大西克幸理事長と事務局の村瀬幸子さんにお話を聞きました。

NPO法人全国てらこやネットワーク
精神科医の森下一氏の提唱により、子どもたちが困難な状況におちいらない未然予防の取り組みとして2003年鎌倉でてらこや活動がスタートした。子どもの居場所づくりや体験活動の支援を行なうてらこやの活動は全国に広がり、2010年内閣府認証NPO法人全国てらこやネットワークが発足。現在では全国40カ所のてらこやで実施されている活動を結び、地域教育の再興によって子どもや若者、地域の明るい未来をつくることをめざして活動している。2016年、グッドデザイン賞受賞。同年、NPO法人鎌倉てらこやと共同で子供未来応援基金採択団体に選ばれる。

第1回 現代によみがえる“てらこや”

−−はじめにお聞きしたいのですが、てらこやとは何のことなのでしょうか。


NPO法人全国てらこやネットワークの大西克幸理事長

大西:てらこやは地域ぐるみの教育プロジェクトです。
具体的にはお寺を活用した合宿や、地域の自然や文化をいかした体験活動を通じて学びのコミュニティづくりや居場所づくりを行ない、特定の宗教に偏らず、地域で子どもたちを育てていく活動をしています。子どもたちが引きこもりや不登校といった困難な状況におちいらないような、未然予防の活動です。

村瀬:子どもたちにとって身近な目標である大学生が企画運営の主体となっていることも、てらこやの大きな特徴です。

−−活動の中身を教えてください。

大西:さまざまな活動がありますが、てらこやの原点となったお寺での合宿についてお話ししますね。
鎌倉に建長寺という臨済宗建長寺派の大本山があるのですが、そこに子どもたちを集めて1泊2日の合宿をしたのが2003年で、てらこや活動のスタートとなりました。




合宿では朝起きて布団を片付け身じたくをし、座禅をします。何百年も歴史があるお寺という場の力を借りながら、姿勢を整えて呼吸を整えると気持ちが整う。子どもたちの背筋もぴしっと伸びます。お寺では何百年も前からやっている、形から入って心を整えるということを、合宿で子どもたちは経験します。それは子どもたちにとってすごく貴重な体験なんです。

もちろん修行体験だけでなく、大学生といっしょに裏山で竹を切ってみんなで工作したり、秘密基地を作ったりと、ふだんの生活のなかではできない体験も行ないます。

感動体験と大学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんとのふれあいをへて、どんどん子どもたちが変わっていくんです。子どもたちは思いっきり遊びながら集団行動による自治を覚えます。そして場にふさわしいふるまいを身につけると同時に自分のカラを破って心を解放していくようになりました。子どもと大学生、そしてお寺がいっしょになって新しい学びの形を作ることができたんですね。

事務局の村瀬幸子さん

村瀬:建長寺の合宿は15回も実施していて、2017年には3泊4日、300人規模での合宿になったんですよ。

――はじめは鎌倉だけで活動していたのですか? 

大西:はい、当初は鎌倉での地域限定の活動でした。この合宿を3年続けたときに、教育・青少年関係推進部門で日本青年会議所褒章を受賞したのです。地域ぐるみで子どもたちを育て、見守る「複眼の教育」を行なっていることが評価されました。

――複眼の教育という言葉についてもう少し教えてください。

複眼の教育というのは、文字どおり、1人の子どもを育てていくために、地域の大人や大学生が複数の目で子どもをしっかりと見守っていくしくみのことです。
親子や教師のような“縦”の関係でも友だちのような“横”の関係でもない、第三者と子どもの“ナナメ”の関係を作り、子どもたちのコミュニケーションを活性化させていくことは、子どもが育つのにとても大事な要素なんです。それを地域で実践していくための学びの場でありコミュニティがてらこやです。

――てらこやに子どもは無料で参加できるのでしょうか? 

大西:てらこや食堂とてらこやハウスという事業では子どもたちは無料で参加できます。

てらこや食堂というのは、いわゆる「子ども食堂」をベースに、お寺の施設で無償でご飯を出し、食事のマナーも伝えながら、食をきっかけとした居場所を提供する取り組みです。

てらこやハウス、通称てらハというのは、子どもたちの居場所づくりの取り組みです。フリースペースを開放していて、そこに子どもたちがたずねて来るのですが、子どもたちはそこで遊んだり、スタッフに宿題を見てもらったりと思い思いに過ごします。なにか企画をすることもありますが、子どもたちの学校でも家庭でもない居場所として機能しています。

それ以外は材料代や実費をご負担いただいています。無償で提供していくというのが基本なんですが、息の長い取り組みとするために協力していただいています。

 

学びの場であり、異なる世代の大人とふれあえる地域コミュニティでもあるてらこや。子どもたちの居場所づくりに地域の大人や若者がかかわってくれることは、子どもにとっても保護者にとっても安心感があります。次回は各地のてらこやの活動についてくわしく聞いていきます。

第1回 現代によみがえる“てらこや”
第2回 全国に広がるてらこやの活動
第3回 てらこやで交わる、大学生と子どもたち
第4回 子どもたちの成長のために、てらこやと保護者ができること

渡邉純子(コドモット)(わたなべじゅんこ)
株式会社コドモット代表取締役社長。
NTT在籍時代の2001年、子ども向けポータルサイト「キッズgoo」を立ち上げ、同サイトでデジタルコンテンツグランプリ・エデュテイメント賞受賞。独立後は小学生向けのコンテンツを中心に、企業の子ども向けWebサイトや公共団体の子ども向けツールなどの企画制作を数多く手がける。一男一女の母。