シリーズ 専門家にきく!

現代版 “てらこや”で地域ぐるみの教育を NPO法人全国てらこやネットワークインタビュー 第4回(全4回)

NPO法人全国てらこやネットワーク
精神科医の森下一氏の提唱により、子どもたちが困難な状況におちいらない未然予防の取り組みとして2003年鎌倉でてらこや活動がスタートした。子どもの居場所づくりや体験活動の支援を行なうてらこやの活動は全国に広がり、2010年内閣府認証NPO法人全国てらこやネットワークが発足。現在では全国40カ所のてらこやで実施されている活動を結び、地域教育の再興によって子どもや若者、地域の明るい未来をつくることをめざして活動している。2016年、グッドデザイン賞受賞。同年、NPO法人鎌倉てらこやと共同で子供未来応援基金採択団体に選ばれる。

第4回 子どもたちの成長のために、てらこやと保護者ができること

――子どもたちはてらこやでどんなことを学んでいくのでしょうか。


大西:大学生へのあこがれはもちろんありますが、子どもどうしでも刺激を受け合っているようです。うちの子どもの話で恐縮ですが、わたしには高校2年生の長女と中学3年生の次女、そして小学校5年生の息子がいて、息子は幼いころからてらこやに参加させてもらっています。

わが家では末っ子ですが、5年生ですから建長寺の合宿に行くと子どものリーダー役なんです。そうすると、お経を読む間正座をしているときに、1年生2年生の子に対して「正座がんばって」なんて言えるようになるんですよね。それは大学生が横でがんばっているのを見ているからなんです。


村瀬:だから、足がしびれても、自分が先に足を崩すわけにはいきません(笑)。

大西:家ではガマンできないんですけど。
うちの子に限らず、参加している子は、合宿の場では自分の立ち位置が変わっていくわけです。そうなると、子どもたちはそこに参加している年下の子やお兄ちゃん・お姉ちゃんから刺激を受ける。自分がリーダーになってみて感じたり学んだり、自分が見られていることによって予期しない力が発揮できたりするんです。家庭では学べない、地域だからこそのコミュニティのなかで、感じとって学び行動に移せる力ができてくるんですね。

面白いことに、てらこやの合宿やてらこや食堂などで、スマホでゲームをしたりYouTubeを観ている子はいないんです。とくに禁止はしていないのですが。

村瀬:そんなことをしていたら、大学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんと仲よくなるのに乗り遅れるんですよ。もったいないんです。

大西:人と人とのコミュニケーションは、子どもにものすごくいい効果があることを実感します。

――てらこやの活動で子どもや保護者と接して、近年なにか変わったなと感じることはありますか?

大西:てらこや食堂をここ2年ほどやっていて、非常に変わったなと感じることがあります。実は、子どもたちの本質は全く変わっていないんです。変わっているのは親です。親、とくに母親が子育てとか家事、仕事だとかに追われて、ストレスをためていると感じています。やっぱり手が足りないんだと思うんです。

村瀬:ワンオペ育児、なんていう言葉もありますよね。



大西:てらこや食堂というのは、子どもたちに無償でご飯を提供して、団らんのなかみんなで和気あいあいとご飯をいただくというコンセプトの取り組みですが、実は親の解放の場にもなっているんです。子育ての痛みなりつらさなりをぽろっと言える場。「そうそう、うちも」と言える場として非常に大事だなと思っています。

――保護者に対する複眼のサポートですね。

大西:てらこやって親の教育だと思うんです。子どもの教育ではないなって。これはずいぶん前からそう思っています。
環境が人を育てていくんです。子どもたちの一番の環境は家庭、とくに母親。その母親の健全なメンタルを維持安定させていくには、相談できる仲間だったり、ガス抜きができる居場所だったりが必要なんですね。

――地域とつながって、連携していっしょに子どもを育てたいと考えたときに保護者ができることは何でしょう。

大西:てらこやに限らず、地域での取り組みの入り口を気にかけたり、参加する勇気を出して時間を作ったりということは、親が意識するかしないかで実際の行動につながる度合いがだいぶ違うだろうなと思っているんです。ですから、わたしたちは学校経由でお知らせを配布したり、学童など子どもたちが集まるところにチラシを配ったり情報をとどけたりと、小まめに窓口を作っていくことを大事にしています。
また、参加した方々から横にひろげる声がけをしていただくことで、入り口のハードルが低くなるようにしています。

――子どもが学校や学童でもらってくるチラシとか、●●くんが楽しいと言っていたよとか、そういったことへのアンテナを張っていくといいのですね。地域での活動の第一歩をふみだすとしたら、どういったことがおすすめですか?

村瀬:まずは参加者でいいんじゃないですか?

――なるほど!

大西:まずは参加してみる、ということが新しい発見になると思います。

村瀬:来ていただかないことには、良さも伝わらないので。まずは参加してみて欲しいです。

大西:できれば全国で行なっているてらこやに一度でも参加してもらえるとありがたいですね。とくに、てらこやの原点である鎌倉では、年間通してものすごい数の事業をやっていますから、観光がてら見に来てもらえると良い経験ができるのではないかなと思います。

――本日はありがとうございました。

てらこやを通じて、子どもの成長のみならず、企画運営を行なう大学生を育て、親のサポートを通じて子育ての環境の改善にも取り組んでいる全国てらこやネットワーク。地域の底力と世代をこえたコミュニティに支えられながら、みんなで子どもをはぐくんでいこうという熱い思いがインタビューを通じて伝わってきました。てらこや活動の広がりを期待とともに見守っていきたいと思います。

第1回 現代によみがえる“てらこや”
第2回 全国に広がるてらこやの活動
第3回 てらこやで交わる、大学生と子どもたち
第4回 子どもたちの成長のために、てらこやと保護者ができること

渡邉純子(コドモット)(わたなべじゅんこ)
株式会社コドモット代表取締役社長。
NTT在籍時代の2001年、子ども向けポータルサイト「キッズgoo」を立ち上げ、同サイトでデジタルコンテンツグランプリ・エデュテイメント賞受賞。独立後は小学生向けのコンテンツを中心に、企業の子ども向けWebサイトや公共団体の子ども向けツールなどの企画制作を数多く手がける。一男一女の母。