まごまごらくご 笑門亭来福一門

第六十一席 水屋の富(みずやのとみ)
暦の上では夏です…そこで水にまつわるお話を…。江戸時代、本所・深川など低地に住む人に、毎日飲み水をかついで売り歩く、水屋という職業がありました。

笑門亭来福一門について

まんがを読む