まごまごらくご 笑門亭来福一門

第六十五席 ふだんの袴(ふだんのはかま)
「だれでも かっこいい人をマネてみたくなるもんですネェ…
たとえ、月とスッポンでも…」

「イエイ!待たせたナァ!」(だれだよ?)

ある骨とう店に
黒羽二重・仙台平の袴姿で堂々とした侍が入って来ました。

笑門亭来福一門について

まんがを読む