まごまごらくご

「良い夢だったから絶対当たるから!」
			
「そんな夢の話…、お金はないよ!」

「わかんないヤツだなぁ!」

「あっ、何すんだい!?」

無理やり女房の半てんをとると質屋に一目散。

これで一分(いちぶ)貸してくれ!
何とか一分貸してよお!

カゼひいちゃうよ!
もぉ…大キライッ!

必死に質屋の番頭さんにたのみこんで一分借りました。

前にもどる

笑門亭来福一門について

次にすすむ