ニッポンはじめてヒストリー

第四回 野球はじめて物語

目次
  1. 野球のはじめは?
  2. 「野球」という名前
  3. 野球と「のボール」
  4. 野球を楽しんだ俳人
第四回 野球はじめて物語
(写真協力:松山市体育協会)

野球のはじめは?

ドクターはじめ

スポーツといえば、イチローくんは、やっぱりサッカーかな?
イチロー

うん! サッカーのない毎日なんて考えられないよ。
ウノ

わたしはアメリカ生まれだから、サッカーより野球が好き。アメリカはメジャー・リーグがあるから、野球の人気がすごいの。だって野球ってアメリカが発祥はっしょうだもん。
ドクターはじめ

ホーレス・ウィルソンの写真
クリケット
右手の半そでの人がボールを投げる「ボウラー」。左右に立っている三本の柱を「ウィケット」という。バットを持った「バッツマン」が2人いて、今は左のバッツマンが打つ役割の「ストライカー」。 野球とクリケットのちがいはココで。http://www.cricket.or.jp/01/194.php
(写真提供:日本クリケット協会)
じつは「ベースボール」という言葉がはじめて使われたのはイギリスなんだ。でも、いまの野球とはかなりちがっていたらしい。イギリスではクリケットやラウンダースという板や棒でボールを打つ球技がさかんだった。それがアメリカにもちこまれてさかんになり、いまの野球に発展したようだ。

ラウンダース ラウンダースのフィールド
野球の誕生に関係した球技にはラウンダースもある。いまでもイギリスの女子校などでおこなわれている。ベースは4塁まであり、ホームベースに帰るわけではない。
ウノ&イチロー

へえ。
ウノ

日本では、いつから野球をやっていたの?
ドクターはじめ

ホーレス・ウィルソンの写真
授業では英語を教えていたが、そのあいまに学生に野球を教えたという。2003年に日本に野球を伝えた功績をたたえ、野球殿堂入りした。
(写真提供:野球体育博物館)
明治4年(1871)に、アメリカから来日したホーレス・ウィルソンという南校(現在の東京大学)の教師が野球を教えたのがはじめで、それ以来、農科大学(のちの東京大学農学部)、明治学院(のちの明治学院大学)、東京英和学校(のちの青山学院大学)、慶応義塾けいおうぎじゅく(のちの慶応義塾大学)、第三高等学校(のちの京都大学総合人間学部)、同志社英学校(のちの同志社大学)などに広まっていったんだ。
イチロー

いまのプロ野球より大学野球のほうが古いんだね。
ドクターはじめ

そうなんだ。社会人野球もプロ野球より歴史が古くて、社会人野球がはじまったのは、ウィルソンが野球を教えた7年後で、アメリカ留学からもどった鉄道技師の平岡凞ひらおかひろしが「新橋倶楽部くらぶ」(=愛称あいしょうは「アスレチックス」)という野球チームをつくったんだ。これが日本の野球チームの第1号だね。

※平岡凞=1856-1934。江戸えど生まれの実業家。鉄道工業の先駆者せんくしゃ。日本の野球の基礎きそをつくったほか、ローラースケートの道具をアメリカから持ちかえった。三味線音楽のひとつ東明節(とうめいぶし)の創始者「平岡吟舟ひらおかぎんしゅう」としても有名。
昭和34年(1859)に日本の野球殿堂でんどう入りした。登録番号は2。

イチロー

でも明治4年とか、その7年後とかっていわれても、よくわからないんだけど。
ドクターはじめ

ああ、まだ歴史を勉強していなかったね。明治4年には、全国の「はん」が「県」になった「廃藩置県はいはんちけん」があった年だけど、世の中は文明開化のまっただなかだね。6年後の明治10年は西南戦争が起きてて、西郷隆盛さいごうたかもりが戦死した年だよ。7年後の明治11年には、西郷隆盛のライバルの大久保利通が暗殺されているんだ。
ウノ

そんな時代に野球やってたなんて、すごいね。
   



次へ


ページの先頭へ戻る