対決!歴史人物バトル 徳川慶喜 VS 溥儀 お宝探偵団の紹介 お知らせコーナー バックナンバー トップ
第一章 ラストエンペラー 第五章 大きなカンちがい
第二章 徳川慶喜の教育 第六章 特赦後と引退後
第三章 溥儀の教育 第七章 誇りとともに生きる
第四章 波瀾万丈の幕あけ
第一章 第二章 第三章 第四章 第五章 第六章 第七章
特赦後と引退後  
  舞 そのあと溥儀は、どうなっちゃうの?  
  和尚 〈東京裁判〉で、〈第2次世界大戦〉に勝った連合国側の証人に指名されて、ソ連から日本に送られ、8日間にわたって、満洲国が日本の傀儡国家だったこと、日本が満洲を植民地にしようとしていたこと、自分の側室が〈関東軍〉に殺害されたことまで興奮しながら証言したんじゃ。  
  大樹 側室を〈関東軍〉が殺害したって、ほんとうだったの?  
  和尚 どうかな。あくまでも本人の証言で、証人がおらんからな。  
  翔太 そのあともソ連の強制収容所にいたの?  
和尚 1950年までな。そのあと、ソ連の援助(えんじょ)を受けて、建国された中華人民共和国に身柄(みがら)をうつされて、弟・溥傑らとともに撫順(ぶじゅん)にある戦犯管理所に収容されるんじゃ。溥儀によれば「ハイカラな監獄(かんごく)」だったらしい。のちに管理所は撫順からハルビンにうつされた。そこで溥儀は自伝を書き、中国共産党による再教育を受け、1959年に反省をみとめられて特赦令により釈放(しゃくほう)される。  
  舞 ふつうの生活にもどれたの?  
  和尚 監獄にいないだけで、監視はつづいた。溥儀は、「人民に奉仕(ほうし)するため」の準備期間として中国科学院植物研究所の北京植物園に「配属」されて、半日働いて、半日学習して、自伝のつづきを書いた。そのあと、やはり「人民に奉仕するため」の正規の部署である全国政治協商会議・文史資料研究委員会の専門委員となる。つまり史料の整理係となるんじゃ。1962年には看護師をしていた李淑賢(リー・シューシエン)という女性と結婚し、1964年に自伝『わが半生』が出版される。だが、その5年後の1969年、〈文化大革命〉のさなか、腎臓(じんぞう)ガンで他界する。もと皇帝で「反革命」とみなされていた溥儀を治療(ちりょう)したら「反革命分子」になるというので医師たちが満足に治療しなかったという説もある。  
  舞 かわいそう。  
  ザザビー クゥ~~ン(=かわいそう~)。  
  翔太 上野の寛永寺に謹慎した慶喜は、どうなったの?  
  和尚 明治元年(1868)3月13日と14日の、西郷隆盛(さいごう・たかもり)と勝海舟の会談で、江戸城の無血開城と徳川宗家の存続が決定すると、慶喜は上野から水戸にうつされて謹慎生活を送り、その年の7月、さらに駿府(現在の静岡市)にうつり、翌年〈戊辰戦争〉が終結するまで謹慎するんじゃ。  
  大樹 慶喜はそれで満足だったの? 溥儀みたいに「将軍」って地位にこだわらなかったの?  
  和尚 うむ。駿府には多くの旧幕臣がたずねてきておったし、「幕府復興」のために再起する声もあったが、慶喜は首をタテにふることはなかった。  
  翔太 どうして?  
  和尚 いま「徳川幕府」を起こすことは時代の流れに逆行すると考えていたのではないかな。もちろん薩長を中心とする明治政府をみとめたくはなかっただろうが、日本という国のトップに明治天皇がいるので安心していたと思う。  
  舞 慶喜は静岡でどんな生活を送ったの?  
  和尚 はっきりいって趣味(しゅみ)に生きる「老後」じゃな。じつに多趣味だった。いちばん有名なのは写真撮影(さつえい)じゃな。現像室を作るほどで、とくに風景写真が好きだった。  
  大樹 なにを撮っていたの?  
  和尚 富士山をはじめ、名所旧跡(きゅうせき)が多かった。もちろん人物写真も撮(と)った。清水次郎長(しみずのじろちょう)とも交遊があって、清水まで出向いて写真を撮ったりもしておる。ほかにも油絵、刺繍(ししゅう)、釣(つ)り、自転車、手裏剣(しゅりけん)、鷹狩(たかが)り、謡曲(ようきょく)など、数えたらキリがない。  
  舞 なんだか、ものすごくハイカラね。  
  和尚 そうじゃな。だがハイカラだったのは趣味だけじゃないぞ。私生活に早くから西洋文明をとりいれ、パンを食べミルクを飲んでいたし、肉も好きで、ことに薩摩の黒ブタが好きで「豚一(ぶたいち)さま(=豚肉が好きな一橋さま)」と異名をとっていたほどじゃ。  
  3人 すごーい。  
  ザザビー ワン(=食べたい)!  
  舞 サザビーはダメ。  
  和尚 ちなみ慶喜は「よしのぶ」とも「けいき」ともよばれるが、どちらがまちがえているわけではない。出身地の水戸では「よしのぶ」、余生を送った静岡では「けいき」とよばれることが多く、みずからも「けいきさま」とよばれることを好んでいたようなんじゃ。  
  翔太 「けいき」のほうが、いいやすいもんね。  



大樹の豆知識
〈極東国際軍事裁判
(東京裁判)〉
連合国最高司令官マッカーサーの命令で、東京の市ヶ谷に設立された極東国際軍事裁判所が、日本の戦争指導者にたいしておこなった裁判。〈ニュルンベルク裁判〉とともに「2大国際裁判」といわれているんだ。原告はアメリカ・イギリス・中華民国・ソ連など7カ国。裁判長はオーストラリアのウェッブ。首席検察官は米国のキーナン。東条英機らが絞首刑(こうしゅけい)になったことでも有名だね。