キラキラ・ぴょ~んスーパーボール

ぴょ~んとはずむスーパーボール。どこに飛ぶのかわからない、よそくふのうな動きがとってもおもしろいよね! おうちにある、せんたくのりと塩を使って、オリジナルのスーパーボールをつくってみよう。「さえこっち」と「ともちん」はキラキラが好きだから、ラメパウダーを入れてみたよ。とってもかわいくできるはず♪

教えてくれるのはこの2人!!

左:リケチェン! さえこっち
東京理科大学の基礎工学部に通っているよ。一番好きなのは、DNAの特ちょうを調べる実験なんだって。研究者を目指して、最近、稲(いね)の研究をしている研究室で勉強しているよ。
右:リケチェン! ともちん
東京理科大学の経営学部に通っているよ。ふだんの行動や、ちょっとした動きの法則性をさがすっていう勉強をしているんだって。カルメ焼き作りや、ダイラタンシーをつくる実験が好き。

用意するもの

  1. ①せんたくのり 50mL
  2. ②水 200mL
  3. ③塩 大さじ5(80g)
  4. ④ラメパウダー
  5. ⑤プラスチックコップ 2こ
  6. ⑥マドラーなど、かきまぜるもの 1こ
  7. ⑦大さじスプーン 塩の量をはかるときに使うよ。
  8. ⑧ポリエチレンの手ぶくろ
  • 「せんたくのり」は、「ポリビニルアルコール」「液体(えきたい)P.V.A」と書いてあるものを選んでね。ちがう成分のものだと、うまく固まらないから注意しよう。
  • ラメパウダーは100円ショップなどで買えるよ。手に入らなかったら、なくてもいいよ。
  • テーブルがよごれないように新聞紙などをしいてつくってね。

さあ、実験スタート

水100mLに塩大さじ2はいと半分(40g)入れて、よくかきまぜる。少し大変だけど、塩がほとんどとけきるまでがんばってまぜてね。これで飽和食塩水(ほうわしょくえんすい)のできあがり! 6で使うために、もうひとつ同じものをつくっておいてね!

飽和食塩水とは、もうこれ以上とけないよ~っていう量まで塩を水にとかしたもののことよ!

せんたくのり50mL をプラスチックカップに入れるよ。こぼさないようにゆっくり注いでね。そこにラメパウダーを少し入れたら、マドラーなどを使ってよくかきまぜよう。

1で作った飽和食塩水に2を入れたら、マドラーなどでぐるぐるとかきまぜよう! しばらくすると、白いドロドロしたものができるよ。

ポリエチレンの手ぶくろをはめたら、白いかたまりをとり出そう。

水をしぼるように、ぎゅっとおし固めていこう。水分が少なくなってきたら、中心に向かって水を押し出すようにしつつ、手のひらでコロコロと転がして丸く形をととのえるよ。きれいな形にするには、コロコロするのがポイント!

水をしぼるときに、テーブルやゆかがよごれてしまうので注意してね! 新聞紙やビニールをしいておくと安心ね。

1で作った飽和食塩水(せんたくのりをまぜていない方)に5を入れて、ひとばんそのまま置いておこう!

飽和食塩水から取りだしたら、スーパーボールのできあがり!! さっそくはずませてみよう!! うまくできたかな?

絵の具をまぜて色をつけてみたり、形をかえてはずみ方のちがいを実験したり、いろいろな変化を楽しんでつくってみてね!

なんでそうなるの?

飽和食塩水に入れたせんたくのりが白い物体に変わった理由は?

  • せんたくのりを飽和食塩水に入れたら、なんか白いものができたね! この白いものはいったい何なんだろ~?

  • それはね、せんたくのりの成分P.V.A(ポリビニルアルコール)と塩の関係にひみつがあるんだよ。食塩水にせんたくのりをまぜると、最初は水と仲良しだったP.V.Aから、塩が水をうばってしまうんだ。すると、水分を失ったP.V.Aは水にとけていられない状態になって、白いかたまりとしてあらわれたというワケさ。

  • ふ~ん。つまり、水はP.V.Aよりも塩となかよしってことだね!

  • セレンとテルルは、いつでもずっとなかよしだよね!