職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > お仕事熱血ストーリー「動物飼育員」 > 1.生物好きの先生の夢(ゆめ)は?

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
特集
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

感動する仕事がしたい!お仕事熱血ストーリー

みんなは将来(しょうらい)、どんな仕事につきたいと考えているだろう。まだ想像(そうぞう)がつかないかもしれないけれど、働くことって、とてもすばらしいことなんだ。
このコーナーでは、仕事でがんばっている人をしょうかいするよ。
しっかりと夢を持っている人も、まだまだ夢が見つからない人も、これを読んで、仕事のおもしろさを考えてみよう!

動物飼育員
(どうぶつしいくいん)
先崎 優(せんざき まさる)さん

文:井上こみち

生き物好きの少年の夢(ゆめ)は?

先崎 優さん
「飼育員の仕事につくまでに、先生や先ぱいなどたくさんの人がぼくをみちびいてくれました。そういったみなさんのおかげで、今のぼくがあると思います」

2008年、先崎優は、長年の夢だった動物園の飼育員(しいくいん)になった。神奈川県横浜市にある金沢動物園※1の職員(しょくいん)に採用(さいよう)されたのだ。


母親がよろこぶ顔を想像(そうぞう)しながら、ふるさと(福島県小野町)に電話した。「ぼく、飼育員になったよ。それもゾウの担当(たんとう)だよ。六トンものきょ体だよ」「そう、おめでとう。優は小さいときから動物が好きだったから、じゅう医さんになるかと思っていた。でも、飼育員になれてよかったね」

母親の口から、まさかじゅう医という言葉が出るとは思わなかった。子どものころに話したことを覚えていたのだ。

先崎 優さん
おさないころの優(左側)。福島県のらく農家家庭で育ち、近所にある山や川などで、生き物にふれるのが大好きな子どもだった。

優の頭に、子どものころのある光景がよみがえってきた。優の家は20数頭の牛を飼うらく農業をしていた。牛のちちの出が悪いときや、えさの食べ方がよくないと、「先生、みにきてください」と、じゅう医師におうしんをたのむ。


注射(ちゅうしゃ)をしたり薬を飲ませたりして、てきぱきと注意してくれるじゅう医師に、何回も頭を下げてお礼をいう母親を見て、優は思った。
「牛の先生は、あんなに感謝(かんしゃ)されるんだ。すばらしい仕事だなあ。ぼくもじゅう医師になりたいな」
自然にめぐまれた山間の町で育った優は、春には小川でオタマジャクシをつかまえて、カエルになるのを見とどけた。夏には森にわけいってカブトムシをさがし、セミを追う。生き物に囲まれていると、心が満たされていた。
小学校時代の優は、友達がゲーム機に熱中する休み時間、校庭の土スレスレに顔をつけ、まゆをかかえて行列しているアリを観察していた。
家での優は大事な働き手でもあった。登校前と放課後には、牛舎(ぎゅうしゃ)のそうじやえさの用意をしなければならない。それが三人兄弟の長男の日課だった。


夕方、遊べる時間になると、山に行き、けもの道にふみこんだ。
「先崎のところの優がまだ帰ってこないそうだ」
近所の人の協力で発見されたときには、手にはめずらしい虫をにぎっていたりした。家に帰って図かんでその正体を調べるのが、楽しみだったのだ。

※1

※1(横浜市立)金沢動物園

神奈川県横浜市金沢区にある動物園。園内は、動物を生息地別にアメリカ区・ユーラシア区・オセアニア区・アフリカ区の四大陸に分けて展示(てんじ)。ゾウ、コアラ、サイ、キリンなど、草食動物を中心に、30種類以上の動物が飼育されている。2009年にはコアラやインドサイの赤ちゃんが生まれて話題になった。

コアラ
ページトップに戻る