メニュー閉じる

スキーバッジテスト

スキーバッジテスト

スキーの腕前を診断するのがこのテストだ。細かく級が分かれているので、今の自分の実力がはっきり示されるよ。いかにかっこよく滑(すべ)るか、それが問題だ!

レベル別に、3つの階級がある

スキーバッジテストは、全日本スキー連盟(SAJ)が実施するスキー技術の試験だ。以前は「基礎スキー技能テスト」と呼ばれていた。要するに、ゲレンデスキーで決められた種目を「基本どおりに、なおかつ、かっこよく滑れるかを診断する」テストなのだ。
このテストは、小中学生向けの「ジュニアテスト」(5〜1級)と、主に大人向けの「級別テスト」(5〜1級)、その一段上の階級の「プライズテスト」(テクニカルプライズ、クラウンプライズ)に分けられる。一般のスキーヤーが目標とするのは、1級までの級別テストの合格だ。
級別テストの5〜3級は、実践種目テスト(一般スクールのように先生に教わりながら採点してもらう)をクリアしなければならない。2級は規定種目テスト(3人の採点者の前で決められた種目を採点してもらう)、1級は規定種目テストと事前講習が必要だ。

合格すると「バッジ」がもらえる

5級〜2級までは、何の級を持っていなくても、いきなりどの級から受験してもいい(2級は中学生以上。ただし、ジュニアテスト2級以上の取得者は中学生以下も可)。級別テストに無事合格すると、それぞれの級のバッジと合格証明書がもらえる。
右上の「合格ラインは?」の説明にもあるように、バッジテストは今の自分の技術が点数で表され、スキーの演技能力を求められる。それに対して、「ジュニアテスト」は走行タイムによって級が分かれるので、スキーを始めたばかりの初心者は、まずそこから始めてみるのもいいだろう。

検定インフォメーション

受験資格は?
5〜3級は小学生以上、2〜1級は中学生以上。どの級からでも受けられるが、1級受験は、2級を所持し、事前講習を受けていることが条件。
試験日は? 
全国のスキー場にある、スキースクール単位で実施。日程は各スクールのホームページなどで確認。
検定料は? 
スキースクールによって異なるが、上級になるほど高くなる。2500円〜6000円ぐらいが相場だ。合格後に認定料として、700円(5級)〜2000円(1級)が必要。

お問い合わせ

公益財団法人全日本スキー連盟
東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE

教育本部

未来の仕事カテゴリ

注目の未来の仕事
ランキング

PAGETOP