職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ >  カメラマン

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
お仕事熱血ストーリー
特集
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

カメラマン

自雑誌や広告、ポスターなど、さまざまなメディアに欠かせない写真を撮影する。デジタル技術の発達で新たな活躍の場も

こんな人にぴったり

一瞬のシャッターチャンスを逃さない鋭い感性と的確な判断力、そして軽快なフットワークを持っていること。時代の流れや流行に敏感なこと。重い機材を長時間持ち歩くこともあるので、体力も欠かせない。

どんな仕事

人から物まで撮影の対象はさまざま

ひと口にカメラマンといっても、そのテリトリーは広い。大きくはムービー(映画やテレビ)とスチール(静止画像)に分かれ、スチールカメラマンはさらに、事件や事故を映像で伝える報道カメラマン、広告宣伝用の写真を専門とする広告カメラマン、さまざまな被写体の映像美を追求する芸術写真などに分かれる。自分の専門分野に応じて撮影するのが一般的で、雑誌のカメラマンなどは人物のほか商品写真なども撮影する。

これがポイント

進学か、修業か?

大学や専門学校で基礎的な撮影技術や映像理論をしっかり身につけておきたい。プロカメラマンのアシスタントになったり、撮影スタジオの助手になって、働きながら撮影技術を学ぶ方法もある。 ただし、アシスタントや助手は、まず雑用から入ることが多いので、忍耐力のない人には勧められない。

就職は狭き門

カメラマンの主な仕事場となる新聞社や通信社、出版社、広告代理店などのマスコミ関係はフリーのカメラマンが多く、専属になるとしても募集人数は少ない。フリーになって仕事がもらえるまでにも、数年はかかると言われている。

スタジオ選びのポイント

写真スタジオに勤務するなら、撮影スタジオが多い大きなスタジオがお勧め。スタジオの数が多ければ、ファッションから商品撮影、イメージ広告など、幅広いジャンルの撮影に立ち会うことができるからだ。

将来はこうなる

カメラマンの仕事はなくならない

テレビや雑誌という媒体がある限り、それに彩りを加えるカメラマンの仕事はなくなることはない。デジタル技術やインターネットが普及して、写真がインターネット上を飾るようになっても、対象を撮影するというカメラマンの仕事が大きく変わるわけではないので、常日頃から感性を磨き、向上心を持つのを忘れないようにしよう。

データボックス

収入は?

出版社や新聞社の専属カメラマンの場合は所属する企業によりけり。規模が大きい会社ならサラリーマンの平均収入を上回ることも。ただし収入は安定しており、社会保険も完備している。一方、フリーの場合は、実力次第だが、平均的な年収は300万円程度。

休暇は?

専属カメラマンの場合は、勤める会社の規定によるが、撮影スケジュール次第では休日返上、撮影が深夜に及ぶこともしょっちゅう。

職場は?

新聞社、出版社、広告代理店などのマスコミ関係。結婚式場やホテルの専属カメラマンとなる人も。勤務地はマスコミ関係の会社が多い東京、大阪などの大都市圏に集中している。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!このボタンをクリックしてみよう!

ページトップに戻る