職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ >  アナウンサー

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
お仕事熱血ストーリー
特集
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

アナウンサー

テレビ局の「顔」ともいえるアナウンサー。情報(じょうほう)をつたえるだけでなく、時にはタレントのような仕事もすることも!

こんな人にぴったり

知性(ちせい)、教養はもちろん、世の中の動きをとらえる力も必要。ただし、一番大切なのは、いろんな人から愛される親しみやすさ。番組中、予想外のことが起こることもあるので、あわてることなく進行できる度胸をもっている人が向いている。

どんな仕事

はなやかな職業だが、訓練はきびしい

テレビやラジオなどの番組で、しちょう者に情報(じょうほう)を伝えるために、司会進行のほか、スポーツの実況中継(じっきょうちゅうけい)、じけんのレポート、ドキュメンタリーなどのナレーションも行う。たとえば、ニュース番組ではせん門家としちょう者の間にたって、ニュースの社会的意味などをわかりやすくつたえる。スポーツ中継(ちゅうけい)では試合中の選手の動きなどをつたえるほか、選手やかんとくのインタビューなどもする。話すのが仕事なので、のどを大事にして、きれいな正しい日本語をはっきりしゃべる訓練をが欠かせない。

タレントのような仕事をすることも!

バラエティ番組では、おおぜいのこせいゆたかな出演者をサポートしながら、スムーズに番組を進行する役目をはたす。時には、自らがタレントのようなことをして、しちょう者の人気を得るアナウンサーもいる。

これがポイント

入社試験を受けて、局の社員となる

放送局のアナウンサーは、入社試験をうけて、その局の社員として働く。ほとんどの局が大学卒以上を求めており、ほとんどの局が数人しかさい用しないため、大学生のうちから民間のアナウンサー養成スクールに通ったり、大学の放送研究会などのサークルに入り、発声、アクセントなどのトレーニングをする人が多い。

フリーのアナウンサーになる手もある

大学やアナウンサー養成スクールを卒業後、放送局の社員にならずに、プロダクションなどにフリーアナウンサーとして登録する人も多い。多チャンネル時代をむかえ、放送局や番組の数がふえた結果、局も社員アナウンサーだけでは足りず、フリーのアナウンサーを番組ごとにさい用するケースもふえてきている。

得意分野があると有利

局のアナウンサーでも、フリーアナウンサーでも、他の人にはない得意分野があるとさい用には有利に働く。英語などの外国語がりゅうちょうにあやつれるようにするなど、とくぎを身につけることも大事。

将来はこうなる

番組の企画(きかく)から参加する

番組の顔であるアナウンサーは、今や単なる司会進行役というより、キャスターやタレントの役目をこなすことも多い。そのため、番組の企画(きかく)からかかわるなど、番組作りに積極的に参加することがふえてくるだろう。

データボックス

収入は?

民放キー局の場合は、大卒の初任給(しょにんきゅう)で500万円くらい。その後、レギュラー番組などに出演するようになると、年収700から2000万くらい。フリーの場合は仕事量による。

休暇は?

レギュラー番組をもつようになると、かんたんには取れなくなる。また、早朝きんむ、夜間きんむ、長時間きんむなどもあり、自由に休暇を取るのはむずかしい。

職場は?

おもにテレビ局、ラジオ局のスタジオ。スポーツの場合は、現場での中継(ちゅうけい)が多い。またじけんの現場で取材し、実況(じっきょう)することもある。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!このボタンをクリックしてみよう!

ページトップに戻る