職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ >  機関長

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
お仕事熱血ストーリー
特集
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

機関長

貿易立国(ぼうえきりっこく)である日本の経済(けいざい)を支(ささ)える海運業。エンジンなどの機械を整備(せいび)して、船を安全に航行させる機関部のリーダー。

こんな人にぴったり

海・機械が好きな人。エンジニアとして1つの機械の性能(せいのう)を追求することも大切だが、機関部のリーダーとして、さまざまな機械や人にも興味(きょうみ)を持つことが大切だ。

どんな仕事

船の安全航行を支える機関部のリーダー

船の職場(しょくば)には、デッキで働く甲板部(こうはんぶ)の仕事のほかに、エンジンなどの機械を相手にする機関部の仕事がある。機関部の最高責任者(さいこうせきにんしゃ)である機関長は、船の安全航行を支える役割(やくわり)をになうため、セーフティーオフィサー(安全の責任者)とも呼(よ)ばれている。

これがポイント

商船系(しょうせんけい)学部に進学し、英語力を身につけよう!

船に乗るためには、「海技士(かいぎし)(機関)」の国家資格(しかく)が必要。この資格を得るためには、大学の商船系学部か高等専門(こうとうせんもん)学校(高専)の商船学科に進学し、乗船実習を受けるのが有利だ。外国人船員とのコミュニケーションが必要なので、英語力を身につけることも大切だ。

将来はこうなる

日本人船員が不足しているので、努力次第でチャンスあり!

日本人船員の数が極端(きょくたん)に減(へ)っているため、政府(せいふ)や海運業界が次世代の人材確保(かくほ)に努めている現状(げんじょう)。あせらずにコツコツと努力し、より上級の海技資格を取得することで、努力がむくわれる環境(かんきょう)にある。

データボックス

収入は?

海運会社によって給料や乗船中の手当がちがうが、労働協約で定められている賃金(ちんぎん)は、同じ会社で陸上勤務(きんむ)をするよりも高く、外航船の機関長の場合1,000万円以上もらえる会社が多い。 乗船中はほとんどお金を使わないため、貯金ができるのがよい点だ。

休暇は?

乗船中は休みなしで働き、下船後に連続してまとめて休暇をとることができる。6カ月の乗船勤務(きんむ)で3カ月の休暇、8カ月の乗船勤務で4カ月の休暇。じっくり勉強して資格を取得できたり、安い時期に海外旅行ができるなどのよい点がある。

職場は?

外航海運会社、内航海運会社など

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!このボタンをクリックしてみよう!

ページトップに戻る