職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > 興味のあるジャンル > 人の役に立ちたい!
お仕事熱血ストーリー
特集
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

人の役に立ちたい!

  • 心身の障害のある人とその家族の相談に乗り、援助をする。困った人を見ると放っておけないタイプに最適
  • 21世紀は高齢者福祉の時代。介護のスペシャリストとなってお年寄りや障害者の自立をサポートする
  • 社会的に弱い立場の人たちから最も信頼される、地域でなくてはならない存在(そんざい)。
  • 高齢化社会の進行と公的介護保険導入で、活躍の場は急激に拡大! 多様化した福祉サービスに対応する福祉のスペシャリスト
  • 聴覚障害者の社会参加が進み、活躍の場は広がっている。人の役に立ちたい気持ちが大切な仕事
  • 心の問題を抱えた人たちの不安や悩みを親身になって聞き、心の状態を理解することが大事
  • いじめ、幼児虐待、若年層犯罪……。「子どもがアブナイ」時代だからこそ、重要性が高まる児童福祉の専門家
  • これまでの盲・ろう・養護学校は、2007年度より「特別支援学校」とよばれるようになった。大切なのは、生徒との信頼関係。情熱あふれる指導で、子どもたちの可能性をのばそう!
  • さまざまな療法で身体の機能の回復を図り、患者の社会復帰を支援する縁の下の力持ち。ニーズは高まる一方で、就職率はほぼ100%
  • 目の不自由な人が、自由に出歩くためのお手伝いをする盲導犬(もうどうけん)を育てる。やりがいのある福祉(ふくし)の仕事だ。
  • すし屋や和食屋料理屋で、にぎりずしや巻きずし、ちらしずしなどをつくる。すしは海外でも人気のある日本食で、海外で活やくするすし職人(しょくにん)もいる。
  • さまざまなウエディングスタイルをゆめ見るカップルの希望をかなえる。
  • 鉄やステンレス、セラミックなどの金ぞくを加工して、包丁、ナイフ、ハサミなどの刃物(はもの)を作り出す。
  • 旅行会社や駅などであつかっている、わくわくするようなツアー旅行を考える。
  • 病気にかかった人、ケガをした人を治りょうしたり、病気について研究する。人の生死に関わる責任の重い仕事だ。
  • 書店のたなに本をならべたり、本を買いに来た人にレジをうって本を売るのが仕事だ。
  • 女性の妊娠(にんしん)、出産に立ち合う。看護師(かんごし)や保健師(ほけんし)とはちがい、日本では女性しかなれない。
  • 訪問介護員(ほうもんかいごいん)とも言う。高齢者(こうれいしゃ)や障害(しょうがい)のある人の自宅に行き、介護する。21世紀の日本の高齢化社会に、とても必要とされている仕事。
  • 日本をおとずれた外国人の観光客が、楽しく旅行できるようにサポートする。日本のイメージは通訳(つうやく)ガイド次第のところが多いため、民間外交官とも言われている。
  • 病院・しんりょう所で、医療費(いりょうひ)を計算したり、患者(かんじゃ)さんのカルテのデータ入力などの事務処理(じむしょり)を行う。結婚しても働けるため、女性に人気の高い仕事だ。
  • 長野県、富山県、岐阜県などの高い山々がある県で、警察官(けいさつかん)による人命救助のために作られた特別チーム。山岳遭難救助隊(さんがくそうなんきゅうじょたい)とよぶこともある。
  • 小麦粉、水、塩、イーストをまぜ合わせ、パン生地を作り、パンを焼き上げる職人(しょくにん)のこと。体力的にハードだが、お客さんの喜ぶ顔が見られたり物作りの楽しさを味わえる仕事だ。
  • とうふや油あげなどの大豆製品を作って、お客さんに売る。現在のとうふ作りは、作業の機械化が進み、大量生産できる。それらがスーパーなどで売られている。しかし昔ながらの小さなとうふ屋も日本全国にある。
  • 色や形が美しく、きせつ感あふれる和菓子作りのプロ。歴史のある菓子(かし)から新しいそう作和菓子まで、いろいろ作る。
  • 野菜やくだもののおいしさや食べ方などをお客さんに伝えて売る、野菜とくだもののプロ。
  • 宇宙空間に飛び立ち、さまざまな実験や研究を行う。
  • ゆうびん局で生活に役立つ商品やサービスを行っている。2007年10月にゆうびん局は民営化(みんえいか)したため、ゆうびん局員は公務員(こうむいん)ではなく、民間の会社員として仕事を行っている(2014年7月現在)。
  • パソコンに関するはば広い知しきをもとに、パソコンのそうさ方法やソフトウェアの使い方を、初心者に分かりやすく教える。
  • ピアノがもっとも良い音で鳴るように調整するピアノのお医者さんだ。
  • 来客のたいおうや電話の受け答えをしたり、データ入力や会議のしりょう作り、物品発注などのデスクワークを行い、しょくばをサポートする。
  • 空港の案内カウンターで、利用客からのしつもんににこやかに応対(たいおう)する、空港の「顔」となるスタッフだ。
  • 人が生活する場所や活動する場所を、ほかの場所にうつす作業を手伝う。
  • 水中にもぐるための用具を身につけ、海上やえん岸などでじこが起きたときにかけつけて人命を救うのが主な仕事だ。海上の安全と治安を守る海上保安庁(かいじょうほあんちょう)に所ぞくする。
  • なやみをかかえる人の相談に乗ったりアドバイスを行う相談員。
  • 建物のかべやゆか、土かべなどをコテを使ってぬり仕上げる職人だ。都道府県知事が行っている技能検定制度の資格を持つ場合、左官技能士と名乗ることができる。
  • バイクや自転車などの荷台を使って、新聞をけいやくしたお客の元にとどける。雨の日も台風の日も休むことなく深夜から早朝にかけて作業するため、体力や気力がないとつとまらない。
  • コンビニエンスストアで、レジ打ち、品出し、発注、各種しはらいの対応、店内・店外のそうじなどを行い、お客さんに商品を売る。
  • 大型トラックで荷物を目的地まで運ぶ。会社や運ぶ荷物によってちがってくるが、長いきょりを、夜中も走りつづけて目的地にとどけなければならないこともある。また、重たい荷物を運んだり、つめたい冷とう室の中で作業することもあるため、体力的に大変仕事だ。
  • かおりの効果を利用したアロマセラピーをお客さんにていきょうし、リラクゼーション効果で心と体をいやす。
  • 製品のサンプルを分せきして、かんきょうや体によくない成分がないどうかなどを、化学反のうや分せき機器を使って正しく分せきする。
  • 日本のどく立や国民の平和を守る陸上自衛隊に所ぞくする自衛官(じえいかん)。さい害にあった人やその地いきを助けたり、国の大切な行事をけいびする。また不発だんをしょりたり、国際こうけんを行うなど、仕事ははば広い。
  • ボランティアをする側、もとめる側の間に入って、調整や相談に乗るなどボランティア活動をサポートする。
  • 海上自衛隊の自衛官。周囲を海に囲まれた日本の安全を守っている。
  • お客さんのきぼうをもりこみ、見た目からおいしいオリジナルケーキを作る。
  • たくさんの道具を使い、伝とうてきな工法で、木造の家、建物をつくり、修理する職人(しょくにん)。神社や仏閣を建てたりする大工のことは「宮大工」と言う。
  • 会社けいえいのトップに立つ人たちにつき、雑用(ざつよう)からスケジュール管理までを一手に引き受ける、えんの下の力持ち。
  • カフェやバール(軽食が食べられるきっさ店)などで、高品質(こうひんしつ)のコーヒーとその他関連商品を、サービスとともにお客さんに提供(ていきょう)する。
  • 旅行客に、観光地の特色や歴史などを説明する案内人。お客さんに観光地の素敵なところを正しく知ってもらい、そこへ「もう一度来たい」と感じてもらうことも大切な仕事だ。
ページトップに戻る