職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > 休暇 > 休みよりも中身の充実した仕事
お仕事熱血ストーリー
特集
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

休みよりも中身の充実した仕事

  • 世界の「ジャパニメーション」を支える縁の下の力持ち。仕事はハードだが、世界的な注目度は高い
  • 人の命を預かる重要な仕事。治療方法や薬は日々研究され進歩しているので、勉強しつづけなければならない
  • 才能と努力、そして「運」を引き寄せられることが成功の条件。「自分の音楽が売れる音楽」という気持ちで売り込んでいこう
  • 3交代勤務のハードワークで、息抜きなんかできやしない。でも、「白衣の天使」は、誇りを持てる、一生モノの仕事だよ!!
  • 政治、経済から、犯罪などの事件、スポーツ、料理などの家庭のことまで、さまざまなニュースを取材し、報道する。活躍の場は新聞、雑誌、テレビなど。
  • 患者を病院や診療所まで移送するとき、救急車内で重症患者の救急救命措置を行う応急治療のスペシャリスト
  • 今や人気職種ベスト10に入るモテモテぶり。企画職志望者が多いが、現場ではプログラマーやデザイナーなどの開発職が足りない
  • 法律に違反した人を取り調べ、罪になると判断したら、裁判所に訴えを起こすことができる唯一の職業。人の一生を左右する仕事なので、責任重大!
  • 単に「動物が好き」というだけではだめ。掃除やえさの世話など、私生活のすべてを捧げるくらいじゃないと務まらない!
  • 情情報システム開発の中心的役割を担うコンピューター社会のキープレーヤー
  • 自動車の点検、整備を行い、車社会と人々の安全を守る縁の下の力持ち
  • 自分の腕1本で素材をアレンジする料理のプロフェッショナル。独立、開業しても常に勉強が欠かせない
  • テレビ局の「顔」ともいえるアナウンサー。情報(じょうほう)をつたえるだけでなく、時にはタレントのような仕事もすることも!
  • 「家をるすにする間、ウチのコをどうしよう?」…そんな飼い主の「こまった!」をかい決してくれるのが、るす中にペットの世話をしてくれるペットシッターだ。
  • 映画(えいが)『海猿(うみざる)』でスポットライトを浴びた潜水士(せんすいし)も、海上保安官! 「海の警察官」にあこがれる人は多い。
  • さまざまなおいしいスイーツをつくり出すパティシエは、フランス語で“お菓子(かし)をつくるの職人”のこと。男性はパティシエ。女性の場合はパティシエールと呼ばれている。
  • 大ぜいのスタッフをまとめて、さまざまなテレビ番組をつくり上げる。
  • 落語は江戸時代に日本で生まれた歴史ある話芸(わげい)。最後にオチのある笑い話や人情話(にんじょうばなし)を語り、観客を楽しませる。
  • 目の不自由な人が、自由に出歩くためのお手伝いをする盲導犬(もうどうけん)を育てる。やりがいのある福祉(ふくし)の仕事だ。
  • 博物館、美じゅつ館、動物園、水族館などで、資料(しりょう)のしゅう集、保管(ほかん)、てんじや研究をする。相当の知識(ちしき)と経験(けいけん)を要求される職業(しょくぎょう)だ。
  • すし屋や和食屋料理屋で、にぎりずしや巻きずし、ちらしずしなどをつくる。すしは海外でも人気のある日本食で、海外で活やくするすし職人(しょくにん)もいる。
  • 最高のプレイで多くの観客を感動させるプロプレイヤー
  • キレイな花々を仕入れ、お客さんに売るのが仕事。個性がひかるアレンジメントフラワーをつくることも。
  • 日本の国土の約7割をしめる森林を管理し、育てた木を切り、木材資源として生産する。
  • アドリブを交えてネタをくり出し、観客を笑わせる芸人
  • 世界各地で行われるトーナメントに出場して、感動的なプレーで観客を楽しませる。または、ゴルフ練習場などでアマチュアなどにゴルフの技術やルールの指導を行う。
  • 鉄やステンレス、セラミックなどの金ぞくを加工して、包丁、ナイフ、ハサミなどの刃物(はもの)を作り出す。
  • 日本や世界各地で行われる卓球(たっきゅう)の大会ではなばなしく活やくし、賞金をえるすぐれた選手。
  • 旅行会社や駅などであつかっている、わくわくするようなツアー旅行を考える。
  • こだわりの家具をもとめるお客さんにむけ、心やぬくもりをこめて家具をてづくりする。
  • コンピュータのプログラムを作成する人のこと。あの世界的に有名なマイクロソフト社のビル・ゲイツもプログラマーである。
  • 最近、テレビやCM、映画や雑誌などで注目をあびている仕事。「食」にかかわる場所で、とても必要とされるそんざいだ。
  • プロスポーツ選手の中でも花形のしょくぎょうだ。最近では、海外のチームにスカウトされて、ヨーロッパで活やくするプロサッカー選手も多い。
  • 病気にかかった人、ケガをした人を治りょうしたり、病気について研究する。人の生死に関わる責任の重い仕事だ。
  • 農地で作物などを育てて売り、生計を立てている人。水田で米をつくる稲作農家(いなさくのうか)、野菜や果物、花などをつくる農家、食肉用の牛やぶた、にわとりなどを飼育する畜産農家(ちくさんのうか)がある。
  • 映画を作品に仕上げるための、総責任者(そうせきにんしゃ)だ。無事に作品を完成させ、多くの人に感動をあたえられれば、今までの苦労がむくわれ、大きな満足感がえられる。
  • スケートクラブや学校のスケート部に所属するスケート選手。大会などに出場するときは、ははなやかな衣しょうを身にまとい、高度なえんぎで見る者を感動させる。
  • スケートクラブや学校のスケート部に所属し、スピードをきそうスケート大会に出場する。冬季オリンピックでの活やくが印象的だ。
  • 訪問介護員(ほうもんかいごいん)とも言う。高齢者(こうれいしゃ)や障害(しょうがい)のある人の自宅に行き、介護する。21世紀の日本の高齢化社会に、とても必要とされている仕事。
  • 海に出て魚をとり、生計を立てている人。ときとして人間に対してきばをむく大自然の、大海原が仕事場だ。            
  • テレビコマーシャルや映画(えいが)、テレビ番組などに、声でコメントや言葉をのせる仕事。最近は、声優(せいゆう)やアナウンサーがつとめることが多い。
  • 日本をおとずれた外国人の観光客が、楽しく旅行できるようにサポートする。日本のイメージは通訳(つうやく)ガイド次第のところが多いため、民間外交官とも言われている。
  • 長野県、富山県、岐阜県などの高い山々がある県で、警察官(けいさつかん)による人命救助のために作られた特別チーム。山岳遭難救助隊(さんがくそうなんきゅうじょたい)とよぶこともある。
  • ファッションデザイナーがえがいたデザインイラストをもとに、洋服の設計図と言われる型紙(かたがみ=パターン)を起こして、サンプルを作る。ファション業界にはかかせない存在だ。
  • テレビドラマ、えいが、ヒーローショーなどで、着ぐるみを着て役を演じるタレントのこと。高いところから飛びおりるなどの、きけんなスタントをすることも。体をはって、子どもから大人まで多くの人に夢をあたえる仕事だ。
  • とうふや油あげなどの大豆製品を作って、お客さんに売る。現在のとうふ作りは、作業の機械化が進み、大量生産できる。それらがスーパーなどで売られている。しかし昔ながらの小さなとうふ屋も日本全国にある。
  • 色や形が美しく、きせつ感あふれる和菓子作りのプロ。歴史のある菓子(かし)から新しいそう作和菓子まで、いろいろ作る。
  • 海外では「大統領(だいとうりょう)」や「首相」ともよばれている、日本のトップに立つ政治家のこと。正式には「内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん)」というよび名である。
  • 野菜やくだもののおいしさや食べ方などをお客さんに伝えて売る、野菜とくだもののプロ。
  • 宇宙空間に飛び立ち、さまざまな実験や研究を行う。
  • ピアノがもっとも良い音で鳴るように調整するピアノのお医者さんだ。
  • テレビやラジオ番組の中身についてさまざまなアイデアを出し、台本を書いたりする。
  • 人が生活する場所や活動する場所を、ほかの場所にうつす作業を手伝う。
  • 水中にもぐるための用具を身につけ、海上やえん岸などでじこが起きたときにかけつけて人命を救うのが主な仕事だ。海上の安全と治安を守る海上保安庁(かいじょうほあんちょう)に所ぞくする。
  • 夜空をはなやかにいろどる花火を作り、花火大会などで打ち上げる。花火のシーズンである夏場はとてもいそがしい。
  • 水族館などでイルカを飼育し、芸を教えてショーに出て、イルカと人間がふれあえるかんきょうを作るのが役目。イルカにくわしいだけでなく、水生生物についてのはば広い知しきが必要だ。ドルフィントレーナー、イルカ訓練士などともよばれる。
  • 動物園や水族館などで飼育している動物の世話をする。入園者に動物について知ってもらうために、解説をしたりてんじの工夫もする。
  • 建物のかべやゆか、土かべなどをコテを使ってぬり仕上げる職人だ。都道府県知事が行っている技能検定制度の資格を持つ場合、左官技能士と名乗ることができる。
  • バルーン(風船)を使って作品を作ってかざりつけるバルーンアートで、お店やてんじ会、パーティーやけっこん式などが行われる空間をえん出する。
  • 役者、タレント、ミュージシャンなどのスケジュールを管理したり、プロデュースしてマスコミに売りこむ。はなやかな芸能界をかげでささえる、人気スターの育ての親とも言うべきぞんざい。
  • スポーツを親しむ人たちそれぞれの体力にあわせて、練習方法やスポーツのやり方を教える。
  • バイクや自転車などの荷台を使って、新聞をけいやくしたお客の元にとどける。雨の日も台風の日も休むことなく深夜から早朝にかけて作業するため、体力や気力がないとつとまらない。
  • コンビニエンスストアで、レジ打ち、品出し、発注、各種しはらいの対応、店内・店外のそうじなどを行い、お客さんに商品を売る。
  • 事件やイベントなどのげんばに出かけ、テレビやラジオの放送で生の声を伝える。かぎられた時間の中で、わかりやすく自分の言葉で話す力が求められる。
  • 大型トラックで荷物を目的地まで運ぶ。会社や運ぶ荷物によってちがってくるが、長いきょりを、夜中も走りつづけて目的地にとどけなければならないこともある。また、重たい荷物を運んだり、つめたい冷とう室の中で作業することもあるため、体力的に大変仕事だ。
  • ねん土を材料に、湯のみちゃわんや皿などを形づくり、高温のかまで焼き上げ、とうじ器とよばれる焼きものをつくる。
  • 世界各地で行われる試合に出場して、テニスをプレーする。つねに勝つことが求められるため、強いせいしん力と実力を持ち合わせた者にしかなることができない。
  • 科学についての研究をせんもんに行っている学者。
  • モータースポーツの最高峰(さいこうほう)として知られるF1(エフワン)ことフォーミュラ1に出る、注目度の高い花形ドライバー。
  • 日本の国技のひとつとして世界にも広まったスポーツ・じゅうどう。その大きな大会に出場して活やくし、見ている人たちに感動をあたえる。
  • ボランティアをする側、もとめる側の間に入って、調整や相談に乗るなどボランティア活動をサポートする。
  • イベントの全体的な方向性を決め、スタッフの人選や配置を行い、イベントが計画通りに進行するように管理、調整などを行うせきにん者。
  • 近年では、オリンピックでのメダルラッシュや、レスリング出身の選手がそう合かくとうぎで活やくすることで、その強さが注目されている。
  • バリエーションゆたかにゲームの音楽やこうか音などを作る。
  • 産業ロボットや医りょう、かいごロボットなどを開発する
  • 自分の選んだ雑貨を仕入れ、ディスプレイし、お客さんに買ってもらうショップを経営する。
  • 海、山、川、極地などを旅して、未知なるものをさがし求める。
  • お客さんのきぼうをもりこみ、見た目からおいしいオリジナルケーキを作る。
  • 高度なせいみつさで作られた時計のメンテナンスを行う。
  • オリンピックや世界選手権などの大きな大会で、メダルを取れるのがプロの陸上選手。短きょり走、長きょり走、ハンマー投げなどの陸上きょうぎを得意とする。
  • たくさんの道具を使い、伝とうてきな工法で、木造の家、建物をつくり、修理する職人(しょくにん)。神社や仏閣を建てたりする大工のことは「宮大工」と言う。
  • オーケストラ、吹奏楽団(すいそうがくだん)などで、それぞれのパートのえんそうをまとめ、音楽を表現する。音のバランスやテンポを調整するだけではなく、えんそうそのものをどう表現するかも指示する。
  • 将棋(しょうぎ)のプロを育てる「奨励会(しょうれいかい)」の四段以上の棋士で、将棋を指すことが主な仕事。名人戦、竜王戦、王将戦といった、タイトル戦の対局を中心に活動する。
  • ペットフードやペット用品など、生き物に関するものをはん売する。生き物に関する知しきはもちろん、お客さんとコミュニケーションをとる力が必要だ。
  • 主に路上や公園、イベント会場、テーマパーク内などで独自の芸を見せて、観客もしくはイベント主さい者から現金収入を得る。「ストリート・パフォーマー」とも呼ばれている。
  • カフェやバール(軽食が食べられるきっさ店)などで、高品質(こうひんしつ)のコーヒーとその他関連商品を、サービスとともにお客さんに提供(ていきょう)する。
ページトップに戻る