職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > 職種別 > 保育・教育・福祉
お仕事熱血ストーリー
特集
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

保育・教育・福祉

  • 授業を教えるだけでなく、生活指導や進路指導なども行い、生徒たちの人生をはぐくんでいく
  • 授業や生活指導を通じて、子どもたちの個性を伸ばし、助け合うこと、夢を描くことの大切さを教え「生きる力」を育む
  • いじめ、幼児虐待、若年層犯罪……。「子どもがアブナイ」時代だからこそ、重要性が高まる児童福祉の専門家
  • 自分の専門分野を学生に指導しつつ、研究を続けていく
  • 中学生は子どもからおとなへの第1ステップ。微妙に変化する生徒の心と体を受け止め「生きる力」を育むことが求められる
  • 外国人に日本語の読み書きから会話まで教える。日本語を良く理解してもらうために、日本の文化や習慣を教えるのも大事な仕事。
  • 子どもを預かって育てる「保護者プラス先生」役。心身ともに大変な仕事だが、それ以上に子どもの成長に立ち会う充実感が大きい
  • 集団生活の中で生活習慣を身につけさせる幼児教育のエキスパート。少子化社会でも依然、高い人気をキープ
  • 博物館、美じゅつ館、動物園、水族館などで、資料(しりょう)のしゅう集、保管(ほかん)、てんじや研究をする。相当の知識(ちしき)と経験(けいけん)を要求される職業(しょくぎょう)だ。
  • スポーツ選手がよい成績(せいせき)を出せるように、体づくりをサポートする。
  • スポーツを親しむ人たちそれぞれの体力にあわせて、練習方法やスポーツのやり方を教える。
  • ドーム型のてんじょうに星空をうつし出して解説したり、天体かんそく会を行うなど、うちゅうや天体について分かりやすく伝える星空のガイド役。
  • ボランティアをする側、もとめる側の間に入って、調整や相談に乗るなどボランティア活動をサポートする。
ページトップに戻る