職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > 特集トップ > 第39回小説家 > 1.小説家になるまでの道のり

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
お仕事熱血ストーリー
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

第39回
小説家

あさのあつこさん

1  小説家になるまでの道のり

こんにちは! あさのあつこです。『バッテリー』や『NO.6』、『The MANZAI』といった小説を書いています。

わたしが小説家になろうと思ったのは、中学時代にある本を読んだのがきっかけでした。プロになるまではそれからずいぶん時間がかかったけど、その間に書く力をたくわえることができました。今日はそんなデビューまでの話から『バッテリー』誕生のヒミツ、原稿(げんこう)の書き方、さらに小説家になるためのポイントまで、たっぷりお話ししましょう。
 
 
大ヒット作『バッテリー』を始めとして、たくさんの人気作品を生み出しているあさのさん。
まずはどうやって小説家になったのか、デビューまでの道のりをうかがってみよう!
 
 

シャーロック・ホームズとの出合い

ものを書く仕事をしたいと思うようになったのは、中学生のときです。コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズと出合ったのがきっかけでした。読んでいると、さし絵もないのに情景がありありと目にうかぶんですよ。霧(きり)にけぶるロンドンの街なみ、石だたみを行きかう人々、ひづめの音を立てる馬車、だんろの前にたたずむ背の高いホームズ……、まるで自分がそこにいるみたい。「物語ってなんておもしろいんだろう、なんてすごい力をもっているんだろう」とショックを受けました。
 
あさのさんの作品の一部。『バッテリー』(角川文庫)、『NO.6』(講談社文庫)、『The MANZAI』(ジャイブ ピュアフル文庫)、『ぼくらの心霊(しんれい)スポット』シリーズ(学研文庫)など青少年向け作品のほか、本格的な時代小説やファンタジー小説などもあり、作風ははば広い。
あさのさんの作品の一部。『バッテリー』(角川文庫)、『NO.6』(講談社文庫)、『The MANZAI』(ジャイブ ピュアフル文庫)、『ぼくらの心霊(しんれい)スポット』シリーズ(学研文庫)など青少年向け作品のほか、本格的な時代小説やファンタジー小説などもあり、作風ははば広い。
 
同時に、世の中には自分が知らない世界があると気づいて救われたような気持ちになりました。中学生のころって、まわりの人や世の中とどうつきあえばいいかわからなかったり、自分をもてあましたりしますよね。

みんなにみとめてもらいたいけど、どうしたらいいかわからなくて、自分はダメだと落ちこんだりする。わたしもそんなひとりで、当時は自分がつまらなく思えて、息苦しくてたまらなかった。
でもホームズの物語と出合って、自分をとりまく壁(かべ)の一部がくずれて、向こうから風がふいてきたような感じがしました。思いもよらないところにまだ見ぬ世界が広がっていて、そこにつながっているんだ、本がそのつなぎ目をはたしてくれるんだとわかって、ふっと気持ちが軽くなったんです。だから当時のわたしにとって物語はたんに読んで夢中になれるだけのものでなく、生きるうえでの希望でもあったといえます。

そのうち自分でも何か書いてみたいと思って、ふだんの出来事をふくらませて物語に仕立てたりしました。たとえば友だちに言いたいことを言えなかったとき、ちゃんと言えている自分を書いたりね。日記とお話の中間のような感じでしょうか。

ときどき物語をつくろうとしたこともありましたが、イメージをつかみきれなかったり、うまい言葉が見つからなかったりで、なかなか完成しませんでした。それでも中学の終わりには、大きくなったらものを書く仕事につきたい、いつかは本を1冊書きたいと思うようになっていました。
 
 
現実のもどかしさにおしつぶされそうになっていたのを救ってくれたホームズの物語。小説にかけるあさのさんの思いの強さは、ここで生まれたんですね。
 
 

「本当に書きたいの? それとも……?」

初めて物語を書きあげたのは高校時代です。原稿用紙にして30枚くらいの短編で、内容は海外を舞台(ぶたい)にした男の人と黒ネコの話でした。当時は海外ミステリーをよく読んでいたので、その影響(えいきょう)ですね。これを高校の先生に見せたらていねいな感想をよせてくださって、とてもうれしかったのを今でもおぼえています。

大学時代も文学サークルに入って何作か書きました。作家の後藤竜二(ごとう・りゅうじ)さんが講師として指導してくださって、作品をほめていただいたことははげみになりました。でも、いま思えばこのころのわたしは、どこか真剣(しんけん)さが足りなかった。それほどたくさん作品を書いていなかったし、書きはじめても完成させる努力をあまりしていませんでした。

大学卒業後は小学校の講師として就職し、その後、結婚(けっこん)して家事や育児でいそがしく過ごすうち、あっという間に10年がたちました。この間も後藤さんは「書きつづけようよ」とはげましてくださっていたんですが、わたし自身が時間がないことを理由に、書くことの大変さや力のなさに直面することから逃(に)げていたように思います。

それで、子育てがひと息ついたとき自分に問いかけてみたんです。「さあ、あれだけ望んでいた書く時間がやっと手に入ったぞ。おまえは本当に物語を書きたいのか? それとも書きたいと思いこんでいただけなのか?」と。
 
あさのさんはパソコンで原稿を書いている。奥(おく)にあるのは電子辞書で、これも仕事に欠かせない道具。
あさのさんはパソコンで原稿を書いている。奥(おく)にあるのは電子辞書で、これも仕事に欠かせない道具。
出たのは「書きたい」という答え。すると、それまでためこんでいたエネルギーが一気にふきでるようにイメージや言葉がわいてきました。そうして書きあげたのが『ほたる館物語』(ジャイブ)です。これを後藤さんが紹介(しょうかい)してくれた同人誌によせたところ、運よく出版社の方の目にとまり、37歳(さい)でデビューとなりました。

おそいデビューでしたけど、時間をかけていろんな経験を積んだことで、作品を形にできるだけの力をたくわえてきたという実感があります。15歳で感じたことや20歳で思ったこと、仕事や子育ての経験……、すべてのものが溶(と)けあって今のわたしのベースになっていると思います。
 
 
小説で人物を描(えが)きわけるには作者の中にいろんな経験が必要だし、幅広(はばひろ)いものの見方も問われるだろう。そうした物語を書く力を、あさのさんはじっくりとたくわえていったんだね。

次のページでは、『バッテリー』を通してあさのさんの作品づくりのヒミツにせまるよ!
 
 
ページトップに戻る