職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > 特集トップ > 第44回昆虫(こんちゅう)写真家 > 1.未知の世界を写真にする

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
お仕事熱血ストーリー
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

第44回
昆虫(こんちゅう)写真家

栗林 慧(くりばやし・さとし)さん

1  未知の世界を写真にする

こんにちは。
昆虫写真家の栗林慧です。

写真家というと、人物や風景を撮(と)る人を思いうかべるかもしれません。でも、ぼくがおもに撮影(さつえい)するのは昆虫。アリ、バッタ、ホタル、チョウなど、いろいろな種類の昆虫を国内外で撮影しています。
 
 
昆虫の写真を撮る仕事なんて、とっても楽しそう! でも、じっとしていない虫たちを撮影するのって、けっこう大変じゃないかなあ?
 
 

思いどおりにいかないからおもしろい!

栗林さんが出版(しゅっぱん)した本の一部。『ほたる—源氏蛍(げんじぼたる)全記録』(学習研究社、左)と『アリになったカメラマン』(講談社(こうだんしゃ))。
栗林さんが出版(しゅっぱん)した本の一部。『ほたる—源氏蛍(げんじぼたる)全記録』(学習研究社、左)と『アリになったカメラマン』(講談社(こうだんしゃ))。
よ~く観察していると、虫たちの性格(せいかく)や気持ちが自然とわかるものです。バッタを撮る場合、3メートルくらいの距離(きょり)から、じわり、じわりと撮りたい位置にまわりこんで、逃(に)げられないように注意します。なかには動じないバッタもいますから、それぞれの個性(こせい)を見きわめることも大切です。

昆虫がおとなしくしているときを見はからうのもコツ。たとえばチョウは花の種類によって蜜(みつ)を吸(す)う時間がちがうので、どの花にとまっていればシャッターチャンスがねらえるかを知っておくと、いい写真が撮れます。
 
ただ、そういう知識(ちしき)や観察力をもってしても、相手は生きものだから思いどおりに撮れないこともあります。NHK総合(そうごう)テレビ『ダーウィンが来た!生きもの新伝説』という番組で、南米のジャングルでグンタイアリの行列のなかにいる女王アリを撮影したときは5日間徹夜(てつや)しました。また、四季おりおりのホタルのすがたを撮影したときは、それぞれのシーンを1年で撮りきれず、結局6年かかりました。1つの作品をつくるのに、大変なエネルギーと時間がかかっているわけです。
でも、つらいとは思わないな。ありのままの自然のすがたをカメラにおさめるわけですから、そうカンタンにいくはずがありません。その意味では、思いどおりにいくほうがワクワクできず、つまらないともいえますね。
昆虫を撮るといろいろなおどろきがあります。たとえば、クロオオアリの女王アリは自分が産んだ卵(たまご)から働きアリが孵化(ふか)すると、愛情(あいじょう)をこめてやさしくなめてやるんです。人間の母親が赤ちゃんをかわいがるのとまったく同じで、本当にびっくりしました。この撮影は20年くらいかかりましたが、世界で初めて写真にできたということで、がんばったかいがありました。
 
また、上のカミキリムシが飛んでいる写真も、じつはそれまで撮影できなかったものです。昆虫は足をたたんで飛ぶと思われていたけど、こんなふうに足を広げて飛ぶのもいるんですね。これは専門家(せんもんか)も知らなかったこと。ぼくの仕事は、未知の世界を写真にするということでもあるんです。
 
虫たちの知られざる世界を写真にするのは大変だけど、それだけやりがいも大きいってことなんだね!

次のページでは、栗林さんがどうやって昆虫写真家になったかを聞くよ!
 
 
ページトップに戻る