職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > 特集トップ > 第47回俳優(はいゆう) > 1.身長2ミリのヒーローに!

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
お仕事熱血ストーリー
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

第47回
俳優(はいゆう)

神木 隆之介(かみき・りゅうのすけ)さん

1  身長2ミリのヒーローに!

こんにちは!
神木隆之介(かみき・りゅうのすけ)です。

舞台(ぶたい)や映画(えいが)やテレビドラマで登場人物を演(えん)じるのが「俳優」の仕事。外国映画やアニメなどで声を演じることもあります。今日は、ぼくが声の出演をつとめた映画の話を例に、役作りや演じることのむずかしさ、楽しさをお伝えできたらと思います。どうぞよろしく!
 
 
映画、テレビドラマ、CMなど、さまざまな作品で引っぱりだこの神木さん。まずは声の出演をされた最新作の外国映画『アーサーと魔王(まおう)マルタザールの逆襲(ぎゃくしゅう)』について聞いてみたよ!
 
 

米粒(こめつぶ)に「助けて!」というメッセージが……

(写真:上)ミニモイの国でのアーサーとセレニア。 ((C)2009 EUROPACORP-TF1 FILMS PRODUCTION-APIPOULAI PROD-AVALANCHE  PRODUCTIONS Images et Effets 3D-BUF)                  (下)アーサーのもとにとどいた米粒を虫めがねで見てみると、ミニモイからの メッセージが! (Photo: Daniel Smith (C) 2009 EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION - APIPOULAI PROD- AVALANCHE PRODUCTIONS)
(写真:上)ミニモイの国でのアーサーとセレニア。 ((C)2009 EUROPACORP-TF1 FILMS PRODUCTION-APIPOULAI PROD-AVALANCHE  PRODUCTIONS Images et Effets 3D-BUF)                  (下)アーサーのもとにとどいた米粒を虫めがねで見てみると、ミニモイからの メッセージが! (Photo: Daniel Smith (C) 2009 EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION - APIPOULAI PROD- AVALANCHE PRODUCTIONS)
2007年に日本で公開され、大きな話題となった『アーサーとミニモイの不思議な国』。実写とCGアニメを組みあわせたこの映画、みてくれた人もたくさんいると思います。さらにスケールアップして帰ってきた、シリーズ3部作の第2章が、『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』です。ぼくは第1章と同じく、日本語ふきかえ版(ばん)で主人公アーサーの声を演じています。

第1章でアーサーは、おじいちゃんが残した手がかりをたよりに、身長2ミリの「ミニモイ族」が住む「ミニモイの国」へ、自分も2ミリになって(!)もぐりこみ、魔王マルタザールの悪だくみから王国を救いました。ミニモイの王女セレニアとの恋(こい)、セレニアの弟ベタメッシュとの友情(ゆうじょう)など、いくつもの思い出をつくって人間の世界へもどってきたアーサーは、またいつかミニモイたちに会えるのを楽しみに暮(く)らしていたんです。
 
そんなある日、アーサーのもとに米粒がとどきます。そこにはなんと「助けて!」というメッセージが! アーサーがふたたびミニモイの国へ行くと、国は独裁者(どくさいしゃ)に支配(しはい)されていました。セレニアとベタメッシュのすがたはなく、アーサーに米粒を送って助けを求めたのがだれかもわからない。こうして新たな冒険(ぼうけん)が幕(まく)をあけます。
 
ミニモイの国はいったいどうなっちゃったんだろう? アーサーはみんなを助けることができるのか? 続きは劇場(げきじょう)でたしかめてね。4月29日(祝・木)から全国ロードショーされるよ。
 
 

勇気を出すことはカッコいい!

監督(かんとく)・脚本(きゃくほん)は前作と同じくリュック・ベッソン。監督が「映画を通して環境(かんきょう)を守る役に立ちたい」と語るように、この『アーサーシリーズ』には動物と人間がともに暮らす楽しさや、自然を大事にする気持ちがつまっています。そして、そういう大事なものを守るために立ちあがる勇気をくれる映画でもあります。

第1作でもアーサーはミニモイたちを救うため危険(きけん)をかえりみず戦っていたのですが、今回のアーサーは、いっそう心が強くなっていて、「芯(しん)のある男の子」になっています。声を演じながら、アーサーみたいに勇気を出すってカッコいいな、と感じました。アーサーって、本当にいいヤツなんです。尊敬(そんけい)できるというのかな。映画をみてくれたら、きっとこの気持ち、わかってもらえるんじゃないかと思います。
 
 
ベッソン監督は「日本のアーサーは隆之介しかいない」と、神木さんの演技(えんぎ)を高く買っているそうだよ。『アーサーシリーズ』は3部作だそうで、ちょっと気が早いけど次の3作目も気になっちゃうね!

次のページでは神木さんがどうやって俳優になったかを聞くよ!
 
 
ページトップに戻る