職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > 特集トップ > 第54回起業家~フォトジェニック・プロデューサー > 1.どんな会社をつくったの? (1) ~撮影女子会~

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
お仕事熱血ストーリー
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

第54回
起業家~フォトジェニック・プロデューサー

中村朝紗子(なかむら あさこ)さん /株式会社Morning Labo

1  どんな会社をつくったの? (1) ~撮影女子会~

 
自分で新しい仕事を考え出して、その仕事のために自分で会社をつくることを「起業する」というんだよ。今回しょうかいする中村朝紗子さんは、大学生のときに自分の会社をつくった「起業家」だ。中村さんが考えだした「新しい仕事」ってなんですか?
 
 
みなさんは写真をとるのは好きですか? わたしがつくった会社は「Morning Labo(モーニング ラボ)」といって、「写真をとりたくなるようなシーンやサービスを提案(ていあん)する」仕事をしています。たとえば女の子なら、なにか特別な日におしゃれをしたとき、写真に残しておきたいでしょう? また、すてきな景色を見たら、思わずシャッターをおしたくなりませんか? わたしは、とくに「かわいい」をキーワードにして、女の子たちが「写真をとってほしい!」「写真をとりたい!」という気持ちになるように、いろいろなお手伝いをしています。

わたしの仕事をひと言で言い表すのはむずかしいのですが、一番ピッタリな言葉は「フォトジェニック・プロデューサー」でしょうか。
 
 
「フォトジェニック」は、日本語だと「写真うつりがよい」というような意味。そして「プロデューサー」というのは、なにかをつくるときの責任者(せきにんしゃ)のこと。だから「フォトジェニック・プロデューサー」というのは、「お客さんとなる人や場所などの写真映りをよくするにはどうすればいいかを考えて、そのためになにかをつくる責任者」ということかな? 中村さん、もっとくわしく教えてください!
 
 
わたしがこの会社をつくったのは、それまでになかった「撮影(さつえい)女子会」という新しいサービスを思いついたからです。仲よしの女の子たちが集まって、おいしい料理とおしゃべりを楽しむ会を「女子会」といいますが、それに撮影会をくっつけたものが「撮影女子会」です。

撮影といっても、ただのスナップ写真ではありません。プロのメーキャップアーティストが女の子たちをすてきに変身させて、本物のモデルさんのようにプロのカメラマンが撮影します。友だちといっしょにきれいになって、フラッシュをあびて、まるで映画(えいが)のヒロインになったような気分が味わえる撮影会です。

それでは「撮影女子会」の流れをしょうかいしましょう。
1. 「『撮影女子会』をやりたい」というお客さんには、どんなふうにきれいになりたいか、事前にアンケートに答えてもらいます。好きなタレントや趣味(しゅみ)などを聞いて、一人ひとりにピッタリの変身プランを考えます。
2. 「撮影女子会」は専用(せんよう)の撮影スタジオで行います。当日、撮影スタジオに集合したお客さんはまず、左の写真にあるような100着以上用意されているかわいいドレスの中から、気にいったものを選んで着がえます。
3. プロのメーキャップアーティストにメイクとヘアアレンジをしてもらい、いつもとはちがう、新しい自分に変身します。
4. 全員がすてきに変身したら、プロのカメラマンによる撮影が始まります。ざっしのモデルのようにポーズをとったりして、本格的(ほんかくてき)な撮影です。
5. 撮影のあとは、かわいくセッティングされたテーブルを囲んでティータイム。ドレスアップしたまま、みんなでおしゃべりを楽しみます。
6. 後日、できあがった写真をお客さんにとどけます。本屋で売っているような写真集にすることもできます。
この「撮影女子会」は、全部でおよそ4時間かかります。プロのみなさんの手によって、今まで自分では気づかなかった魅力(みりょく)が引き出され、まるで物語のヒロインになったような気持ちになれますよ!
 
わあ~! みんなドレスアップしてとっても楽しそう! これならたしかに写真にとってもらいたくなるだろうな。「フォトジェニック・プロデューサー」の仕事は、ほかにもたくさんあるそうだよ。次のページで教えてもらおう!
 
 
ページトップに戻る