職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > 特集トップ > 第55回アニメーションをつくる仕事 > 1.アニメーションをつくる仕事には、どんな人たちがいるの?

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
お仕事熱血ストーリー
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

第55回
アニメーションをつくる仕事

ピクサー・アニメーション・スタジオ

1  アニメーションをつくる仕事には、どんな人たちがいるの?

ピクサー・アニメーション・スタジオ

 
ディズニー/ピクサー最新作『カーズ/クロスロード』が、MovieNEX(DVD・ブルーレイ・デジタル配信ダウンロードのセット)で毎日見られるようになることを記念して、この映画(えいが)がつくられたアメリカのピクサー・アニメーション・スタジオで、アニメーションをつくる仕事にはどんなものがあるのか聞いてみたよ。
 
 
 
『カーズ/クロスロード』がつくられたピクサー・アニメーション・スタジオは、アメリカ合衆国のカリフォルニア州にある市・エメリービルというところにある。日本からは、同じカリフォルニア州にあるサンフランシスコまで飛行機で行って、長い橋を渡った先がエメリービルだ。

どんなところかは、キッズネットニュースのピクサー・アニメーション・スタジオのひみつを見てみよう。

『カーズ/クロスロード』って、どんなお話?

アニメーション映画(えいが)『カーズ/クロスロード』とは、『カーズ』『カーズ2』につづく3作目で、2017年の夏に上映された作品。主人公は赤い車のライトニング・マックィーン。

1作目の『カーズ』では、レースに勝つことだけを考えて、仲間のことなんかどうでもいいと思っているような自分勝手なレーサーだったが、レースに向かうとちゅうで迷(まよ)いこんだ田舎町「ラジエーター・スプリングス」で生活するうちに友情(ゆうじょう)に目覚め、心もりっぱなレーサーになっていく物語。

そして、3作目の『カーズ/クロスロード』では、最速だった主人公・マックィーンに若(わか)いライバル・ジャクソン・ストームがあらわれる。ストームとのレースで大事故(だいじこ)を起こしたマックィーンは、けがを治してもう一度レースに出るために、ハイテクマシンを使っての特訓をうける。負けちゃいられない、ぜったいにもう一度一番になるぞ! と、なかまの車たちとがんばるという物語。
 
『カーズ/クロスロード』のようなアニメーション映画には、とてもたくさんの人がかかわっている。どんな作品にするか決めて実行する監督(かんとく)、監督がつくりたい作品を完成できるように手助けするプロデューサー、登場するキャラクターたちをデザインする人、それを動かすアニメーター、キャラクターの声となる声優(せいゆう)などの映画をつくる立場の人たち。 そして、できあがった映画をたくさんの人に広める宣伝(せんでん)の人たちなど、とてもとてもあげきれない。
 
この映画の最後に出てくるスタッフの名前が書かれたエンドロールには、600人ぐらいの名前がならんでいるよ。今回はその中の監督、プロデューサー、クリエイティブ・ディレクター、アニメーターの人たちに話を聞いたよ。

エンドロールの名前の中には、今回話を聞いた人たちの名前もあるからじっくり見てみてね。
 
次のページでは、映画のなかでは一番えらい人っていうイメージがある監督の仕事について聞いてみよう。
 
 
(C) 2017 Disney/Pixar
ページトップに戻る