職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ > 特集トップ > 第57回建設(けんせつ)コンサルタント ~ 環境調査 > 4.環境調査(かんきょうちょうさ)の仕事につくには?

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
お仕事熱血ストーリー
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

第57回
建設(けんせつ)コンサルタント ~ 環境調査

中坪 稔(なかつぼ みのる)さん /株式会社建設技術研究所 東京本社環境部

4  環境調査(かんきょうちょうさ)の仕事につくには?

 
環境調査の仕事は、どんな人に向いていますか?
 
 
「環境」というのは場所によってちがうし、出てくる課題(かだい)や解決(かいけつ)しなくてはいけないこともちがってきます。ほかの場所ではこうだったから、ここも同じようにすれば良いだろう、とはならないんです。いつだって一から調査をして、そのたびに新たな問題が出てきます。

だからどんな課題に直面したときでも、「なにくそ!」と立ち向かっていけるような人がいいですね。「必ず解決策(かいけつさく)を見つけるぞ!」と思えるような、負けずぎらいな人が向いていると思います。

また、クライアントや協力会社の人たち、社内のほかの部署(ぶしょ)の人たちなど、さまざまな人たちといっしょに仕事をします。ですから、人ときちんとコミュニケーションがとれることがとても大事。ぼくは人とつきあうより、自然(しぜん)や動物のほうに夢中(むちゅう)だったので、人とのコミュニケーションはちょっとあとまわしになってしまいましたけど(笑)。
相手の言うことをちゃんと聞いて、思っていることを理解(りかい)して、自分の考えもわかりやすく伝えるように努力しているところです。

もし、こういう仕事に興味(きょうみ)があるなら、いろんなところに出かけていって、自然とふれ合う機会をたくさんつくっておいてほしいです。

 
キャンプに行ってみるのもいいし、近くの川でつりをしてみるのもいいでしょう。
自然のすばらしさをはだで感じとっておいてください。

それから、基礎(きそ)体力も必要ですよ。現地調査はかなり体力を使いますからね。
 
現場での調査は体力勝負! 荷物をかかえて急な坂道を登り降りしたり、ゴツゴツした石の上を歩いたり。
現場での調査は体力勝負! 荷物をかかえて急な坂道を登り降りしたり、ゴツゴツした石の上を歩いたり。
ぼくの会社の先輩(せんぱい)たちは足腰(あしこし)がものすごくじょうぶで、どんなにけわしい山道だってスイスイ登っていきます。
ぼくは子どものころから山を走り回っていたし、野球部できたえていたので体力には自信があったのですが、先輩たちには負けそうです(笑)。
 
 
中坪さんのこれからの目標は何ですか?
 
 
目の前の目標としては、一人前の「技術士(ぎじゅつし)」になることです。技術士は国家資格(こっかしかく)で、技師(ぎし)としての実力をみとめられたというあかし。仕事をするとき、責任のある立場につくことができます。7年の実務経験(じつむけいけん)が必要なので、ぼくはまだ受験できませんが、合格を目指して知識(ちしき)と経験をしっかり身につけていこうと思っています。

また、環境調査は長い年月をかけて調べることが多いんです。ぼくが今、手がけている調査も、先輩たちが始めたもの。ですからひとつの調査に、最初から最後までずーっとたずさわってみたいですね。何十年か先に、「もうだいじょうぶ、これ以上、調査しなくてもいい」という判断(はんだん)を下して、最初のころはああだったな、あそこでは苦労したな、と思い返してニヤニヤしたいです(笑)。

最近はどんなものをつくるにしても、必ずクライアントから「どれぐらい二酸化炭素(にさんかたんそ)が出るの?」と聞かれたりします。やはりみんな、環境問題にびん感になってきているんですね。
でも、まだ歴史が浅い分野なので、ぼくがそのプロフェッショナルになれたらいいなと思っています。社内で「鳥類(ちょうるい)のプロフェッショナル」といわれている人は、その地域の航空(こうくう)写真を見ただけで、どの鳥がどのあたりにすんでいるか、だいたい判断できるんですよ。本当にすごいと思います。
ぼくもいつか、環境調査ではだれにも負けない、という存在(そんざい)になるのが一番の目標です。
 
 
中坪さん、どうもありがとうございました!
他にも、いろいろな職業を特集しているよ。ぜひチェックしてみてね。
 
 
取材日:2018年9月14日、20日
取材/文:石井美佳(アイプランニング)/撮影:斉藤秀明/
写真提供:株式会社建設技術研究所
ページトップに戻る