インセクトコレクション ファッションに関するプロデューサーのお仕事

会社やブランドをひとつの方向に(みちび)くお仕事!

インセクトコレクションは、昆虫(こんちゅう)をモチーフにした洋服や雑貨(ざっか)製造(せいぞう)販売(はんばい)しているファッションブランド。カマキリやチョウチョなどが(えが)かれたとってもかわいい洋服や、帽子(ぼうし)、リュックサックなどをデザインし、商品にして、お店やインターネットで売っているんだよ。

ブランドをプロデュースしているのは、俳優(はいゆう)としても知られる香川(かがわ)照之(てるゆき)さん。小さい(ころ)から昆虫(こんちゅう)が大好きで、虫に関連するテレビ番組に出演(しゅつえん)したり、本を出したりしているなかで、ファッションに関わることになったんだって。プロデューサーは、“会社やブランドが進むべき道”を(しめ)すのがお仕事。香川(かがわ)さんはプロデューサーとして、「昆虫(こんちゅう)をモチーフにしたサステナブルな商品をつくろう」といった方針(ほうしん)を定めたり、商品がブランドの方針(ほうしん)からずれていないかをチェックしたりと、ブランド全体をひとつの方向へと(みちび)くようなお仕事をしているんだ。(そう)責任者(せきにんしゃ)統括(とうかつ)責任者(せきにんしゃ)()ばれることもある、とっても重要なお仕事なんだよ。

香川(かがわ)照之(てるゆき)さん/俳優(はいゆう)・プロデューサー

プロデューサーの仕事は“場”を提供(ていきょう)すること。活動のための仲間を(さが)したりして、まずは活動のベースとなる場をつくるところから始めます。そのあとは、集まってくれたスタッフに方針(ほうしん)を説明したり、商品や店づくりに関するアドバイスをしたり……。実際(じっさい)にものづくりをするのはスタッフですから、スタッフが(まよ)わずに気持ちよくお仕事できるようにサポートしてあげなくちゃいけないんですよね。船長のようでもあるし、(えん)の下の力持ちでもある、そんなお仕事です!

インセクトコレクションのここに注目!

お店に虫かご?プリントシール機も!?

2021年4月10日(土)にオープンした豊洲(とよす)(てん)には、虫かごをイメージしたフリースペースがあるんだよ。中に入って休憩(きゅうけい)したり、本を読んだりすることができるようになっているんだって。ここで絵本の読み聞かせや折り紙教室などのワークショップが開催(かいさい)されることも!他に、商品を買った人が利用できるプリントシール機も設置(せっち)されているんだって。ただ商品を買うだけじゃなく、楽しみながら、虫への興味(きょうみ)知識(ちしき)が深められる、そんなユニークなお店になっているんだね。

インセクトコレクションの SDGsチャレンジ

  • 質の高い教育をみんなに
SDGsってなに?

商品を買うと寄付(きふ)につながる「無意識(むいしき)寄付(きふ)

インセクトコレクションはSDGsやエシカルを大切にしているブランド。地球の環境(かんきょう)を考えた取り組みをたくさんしているんだ。例えば、商品を注文すると自動的に国内最古の環境(かんきょう)NPO・日本自然保護(ほご)協会(きょうかい)に64(むし)円が寄付(きふ)される「無意識(むいしき)寄付(きふ)」という取り組みを行っていたり、無駄(むだ)にたくさん洋服をつくって売れ残りを()ててしまうなんてことがないよう、サイズ展開(てんかい)()らしていたり……。「昆虫(こんちゅう)をきっかけにして地球の未来について考えてほしい」、そんな香川(かがわ)さんの思いが()まったチャレンジをい~っぱいしているんだ!

プロデューサーになるにはどうすればイイ?香川(かがわ)さんからのアドバイス!

小さい(ころ)から虫が大好きだったという香川(かがわ)さん。夢中(むちゅう)昆虫(こんちゅう)を追いかけているうちに、「虫が()っているな」「虫のえさや、虫が()らす森も()っている。これは地球からのSOSなのでは?」と危機感(ききかん)(いだ)くようになったんだって。こうしたことがきっかけで、「なにか昆虫(こんちゅう)を入口にして地球環境(かんきょう)について考え、SDGsに貢献(こうけん)する取り組みはできないか」とインセクトコレクションを立ち上げたんだ。

「自分が好きなこと、夢中(むちゅう)になったこと、長い時間をともにしたことなら、きっとプロデュースできるはず。プロデューサーになりたいなら、好きなことを、時間を()しまずにとことん極めてください。あとは友だちを持っておくということも大事。ひとりでやれることには(かぎ)りがありますから。なにかやりたいと思ったときに力を()してくれる仲間がいると強いですよ」と香川(かがわ)さん。ファッションだけでなく、音楽プロデューサーや映像(えいぞう)プロデューサー、アイドルプロデューサーなど、いろいろなジャンルのプロデューサーがいるけれど、とにかく「好き」を極めることが大事なんだね。

「今の子どもたちは、すごい力を()めていると思う。きっとこれから、全世界が真似(まね)するような奇跡(きせき)のような事業や行動を生み出す子が出てくるんじゃないかな。ぜひアイデアを研ぎ()ませて、世の中のシステムを変えるような革新的(かくしんてき)な“なにか”を生み出してくださいね!」とエールを送ってくれたよ!

もっとプロデューサーの仕事を知りたい!!

「プロデューサーになりたい!」「好きなことを活かして新しいことを始めたい!」そんなキミは、ワークシートを使って、ぐぐっとプロデューサーのお仕事への理解(りかい)を深めちゃおう! 学校での調べ学習や、自由研究に活用してね★

シゴトのトビラTOPへ 保護者のみなさんへ アンケートのお願い みなさんの意見が楽しく学べる記事をつくる!

PAGETOP