宇宙のとびら-netトップ | 宇宙ニュース | 宇宙教育活動情報 | 宇宙のとびら一覧

YAC全国ワークショップ2018in福岡を開催したよ!

日本宇宙少年団は、2018年11月23日~25日に福岡市(ふくおかし)科学館でYAC全国ワークショップ2018in福岡を開催(かいさい)したよ! 日本全国の宇宙少年団の分団の指導者(しどうしゃ)が集まって、最新の宇宙について勉強したり、子どもたちのためにどんなことができるか、みんなで話し合ったよ。

福岡市にある、九州(きゅうしゅう)大学伊都(いと)キャンパスでは、風洞(ふうどう)実験装置(そうち)という人工的に風の流れを作れる実験装置の見学をしたよ。飛行機の翼(つばさ)の模型(もけい)をもって、風を受けたときの翼が受ける力を体験することができたんだ。

photo
九州大学の見学(写真提供:九州大学)

最新の宇宙について学ぶ基調講演(きちょうこうえん)では、はやぶさ2プロジェクトの吉川真(よしかわまこと)ミッションマネージャに、
「はやぶさ2プロジェクトの今~ミッション&サイエンス~」というタイトルで、「はやぶさ2」が撮影(さつえい)した最新の画像(がぞう)などを使いながらお話をしてもらったよ。この基調講演は、指導者だけではなく、子どもたちも聞くことができたので、YAC団員や家族もたくさん集まったよ。

photo
吉川真ミッションマネージャ
photo
YAC福岡分団の団員のみなさんと記念(きねん)撮影

ほかにも、全国の分団の活動をポスターにまとめたポスターセッションや、「英語」「プログラミング」「飛ぶ」というテーマに沿(そ)った活動の発表会、昨年の10月にリニューアルしたばかりの福岡市科学館の展示(てんじ)を見学したりして、各地の宇宙少年団の活動をさらによいものにするために、指導者のみなさんはたくさんのことを学んだ3日間だったよ。

photo
ポスターセッション
photo
福岡市科学館の見学
photo
活動事例発表会