宇宙のとびら-netトップ | 宇宙ニュース | 宇宙教育活動情報 | 宇宙のとびら一覧

イプシロンロケット打ち上げ成功!

9月14日午後2時0分、新型(しんがた)の国産(こくさん)ロケット、イプシロンロケット試験機(しけんき)が、鹿児島県(かごしまけん)内之浦宇宙空間観測所(うちのうらうちゅうくうかんかんそくじょ)から打ち上げられたよ!
イプシロンロケットは打ち上げから約61分後、搭載(とうさい)した人工衛星(えいせい)を正常(せいじょう)に分離(ぶんり)し、打ち上げは成功(せいこう)。
先月27日の打ち上げ直前の中止から18日目、全国のたくさんの宇宙(うちゅう)ファン、地元の人や関係者(かんけいしゃ)が、待ちに待った打ち上げ成功に大喜びしたよ!

photo1
イプシロンロケット打ち上げのしゅんかん。
提供:JAXA

イプシロンロケットのつくりと、打ち上げから衛星分離まで

ロケット午後2時ちょうどに打ち上げられたイプシロンロケットは、その後、ロケットの第1段(だん)、フェアリング、第2段、第3弾を切り離(はな)し、打ち上げから約61分後、搭載した人工衛星を分離した。

イプシロンロケットをふくむ多くのロケットは、何段もつみ重なったつくりをしていて、下から第1段、第2段…と数える。下の段は燃焼(ねんしょう)が終わると切り離されて、その上の段の燃焼が始まる。ロケットはいらなくなった段を切り離して軽くなることで、よりスピードを速くしていくことができるんだ。

イプシロンロケットは、基本的(きほんてき)なつくりとしては、固体(こたい)の燃料(ねんりょう)を使った3段のロケットでできている。さらにその上に、PBS(ピービ―エス)という液体(えきたい)の燃料を使うエンジンをのせることができ、より正確(せいかく)に人工衛星を目標の軌道(きどう)に投入(とうにゅう)することができるよ。

ロケットの先たんに搭載している人工衛星は、そのまわりをフェアリングというカバーでおおわれている。大気とのまさつや熱(ねつ)から人工衛星を守るフェアリングは、ロケットが大気のうすい高度まで到達(とうたつ)すると切り離される。

ロケットのつくり打ち上げから人工衛星切り離しまでの経過(けいか)は次の通り。
右のロケットの図と見くらべてみよう。

打ち上げからの時間と経緯(けいい)

 ※打ち上げ直後の速報(そくほう)のもの

  • 0分 00秒 リフトオフ(打ち上げ)
  • 1分 54秒 第1段 燃焼終了(しゅうりょう)
  • 2分 31秒 衛星フェアリング分離
  • 2分 40秒 第1段・第2段分離
  • 2分 45秒 第2段 燃焼開始
  • 4分 24秒 第2段 燃焼終了
  • 10分 23秒 第2段・第3段分離
  • 10分 27秒 第3段 燃焼開始
  • 11分 56秒 第3段 燃焼終了
  • 16分 47秒 第3段・PBS分離
  • 21分 26秒 第1回PBS 燃焼開始
  • 25分 53秒 第1回PBS 燃焼停止
  • 54分 24秒 第2回PBS 燃焼開始
  • 59分 19秒 第2回PBS 燃焼停止
  • 61分 39秒 惑星分光観測衛星(わくせいぶんこうかんそくえいせい)分離

photo6
イプシロンロケットに搭載されたカメラの映像(えいぞう)。ロケット本体と第1段ロケットの炎、その下に打ち上げ場が見えている。
提供:JAXA/NASA

photo7
イプシロンロケットに搭載されたカメラの映像。ロケット本体と、その向こうに地球が見えている。
提供:JAXA/NASA

JAXAのページでは、打ち上げ時の中継(ちゅうけい)の録画(ろくが)が見られるよ!

新しい人工衛星の愛称(あいしょう)は「ひさき」に決定!

イプシロンロケットに搭載された人工衛星は、惑星分光観測衛星「SPRINT-A」(スプリント・エー)と言って、惑星の観測を目的とした宇宙望遠鏡(ぼうえんきょう)だ。「SPRINT-A」は打ち上げ成功の後、「ひさき」という愛称がつけられたよ。

「ひさき」の名前の由来(ゆらい)は下の通り。

  1. イプシロンロケットが打ち上げられた内之浦宇宙空間観測所の近くの地名「火崎(ひさき)」(津代(つしろ)半島の先の岬(みさき)
    • 内之浦でさいしょに朝日が当たる場所で、内之浦の新しい夜明けの象徴(しょうちょう)
    • 内之浦の漁師(りょうし)さんが漁(りょう)の安全をねがう場所で、旅立つ船の安全な航行(こうこう)の象徴
  2. 太陽風(たいようふう)が惑星に及ぼす影響(えいきょう)を観測するので、「太陽(ひ)の先(さき)」に関連(かんれん)づけて

「ひさき」は高度およそ950~1150kmを、1周(しゅう)106分かけて地球を回る。これからの「ひさき」のかつやくに、注目していよう!

photo10

惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)

提供:JAXA