宇宙のとびら-netトップ | 宇宙ニュース | 宇宙教育活動情報 | 宇宙のとびら一覧

この冬注目の天文現象は2つの流星群と部分日食!

いよいよ寒い冬がやってきたね。でも、冬の空にも見どころがたくさん! 今月は、2018年12月から2019年1月にかけて注目の天文現象を紹介(しょうかい)するよ。かぜをひかないように暖(あたた)かくして、観察(かんさつ)に挑戦(ちょうせん)しよう!

天体の観察についての注意

  • 夜間や夕方、明け方の観察は、必ず家のおとなの人とでかけること。
  • 冬の夜はとても冷えるので防寒着(ぼうかんぎ)を用意しよう。
  • 車や自転車が通る場所、危険(きけん)な場所や、人の迷惑(めいわく)になる場所では観察しないこと。

12月14日ごろ、ふたご座流星群が極大

流星群(りゅうせいぐん)は、1年の中の決まった時期に、決まった方角「放射点(ほうしゃてん)」を中心にして、周りに向かって流星が流れるように見える。その放射点がある星座の名前で、「ペルセウス座流星群」、「オリオン座流星群」などと呼(よ)ばれる。

年間三大流星群のひとつ、ふたご座流星群は、ふたご座の方角から飛び出すように見える。そして、毎年12月の13~15日ごろが最も数が多く見える「極大日(きょくだいび)」となる。2018年のふたご座流星群は、14日の午後9時ごろが極大になると予想されている。今年の14日夜は22~23時ごろに月がしずむので、その後は月の明かりが無く、たくさんの流れ星が見られると期待されている。ふたご座流星群は14日の夜だけでなく、前後数日間見ることができるので、何日か観察してみるといいよ!

夜はとっても冷えこむので、かぜをひかないように気をつけてね!

photo2

2014年12月のふたご座流星群(10枚の写真を合成したもの)。ふたご座にある放射点から広がるように、流れ星が流れているのがわかる。写真 :編集部

まぼろしの星座? ・・・1月4日ごろ、しぶんぎ座流星群が極大

年が明けてすぐ、1月4日ごろにも流星群がある。これも年間三大流星群のひとつ、しぶんぎ座流星群だ。(ちなみに、年間三大流星群のもう1つは、8月のペルセウス座流星群。)

しぶんぎ座流星群は、流れる期間があまり長くないので、1月4日午前11時を極大に、前後1日ずつくらいが観察のチャンスだ。2019年の1月4日ごろは、ほぼ一晩中月がなく、好条件(こうじょうけん)で流星群が見られそうだよ。

ところで、きみは「しぶんぎ座」という星座を知っているかな? 「そんな名前の星座、聞いた事がない」と思うかもしれない。じつは、しぶんぎ座は昔あった星座「壁面四分儀座(へきめんしぶんぎざ)」で、今はないんだ。

星座は大昔から、世界のいろんな地域(ちいき)でたくさん考えられてきた。現在知られている正座は、国際天文学連合が1928年に88の星座に整理したものだ。しぶんぎ座流星群の名前は、壁面四分儀座があったころの名残(なご)りなんだ。  しぶんぎ座流星群の放射点は、今のりゅう座とうしかい座の間にあるよ。

photo2

しぶんぎ座流星群の放射点。写真 :編集部

1月6日、部分日食を見よう!

1月6日の午前中には、全国で部分日食が見られる。日食は、太陽と月と地球が一直線に並び、月が太陽をかくすことで、太陽が欠けて見える現象だ。見る地域によって日食が始まる時間や終わる時間がちがうので、自分が住んでいる地域でいつごろ見られるか、注意していよう。

日食の観察(かんさつ)についての注意

  • 太陽は、必ず太陽観察用のめがね(日食めがね)を使って観察し、長時間観察し続けないこと。
  • 太陽を直接見てはいけません。目を傷(いた)める恐(おそ)れがあります。
  • サングラスやフィルムなどでも、太陽を見ないこと。
  • 絶対に、望遠鏡や双眼鏡などで太陽を見ないこと。失明(しつめい)する恐れがあります。

photo2

  食の始まり 食の最大 食の終わり
札幌(さっぽろ) 8時46分 10時13分 11時47分
仙台(せんだい) 8時44分 10時 9分 11時42分
東京(とうきょう) 8時43分 10時 6分 11時36分
京都(きょうと) 8時40分 9時57分 11時23分
福岡(ふくおか) 8時38分 9時47分 11時 4分
那覇(なは) 8時50分 9時39分 10時32分

※太陽が欠ける面積(めんせき)は、北の地域ほど大きいよ。

特殊(とくしゅ)なフィルターをつけて撮影(さつえい)した部分日食。
写真:編集部