全国工場見学ナビ見学レポート

消しゴムの製造かていを見てみよう!

野菜や果物などの食べ物から、動物や乗り物まで、形あるものは何でも消しゴムにしたいと意気込む小さな工場でうまれる立体・組み立て式の「おもしろ消しゴム」。じまんはなんていっても「本物そっくり」だということ。ときには、海外の同業の会社にまねされることもあるけど、そんなことではめげたりしない。アイデアと根性でどんどん新しいものをつくっていくんだ。今では200種類近くにもなる。5台ある機械はほぼ24時間フル回転状態。事務所にも電話がひっきりなしにかかってきて、社長の岩沢さんもゆっくり休んではいられない。
事務所
これが消しゴムの原料だ 原料と色をつけるがん料をまぜる 成型する5台の機械は
フル回転
部品は全部消しゴムだ 部品を組み立てると
このとおり
えんぴつキャップも
つくっている
細かな作業だ できた製品は
きびしい目で検品
箱づめまですべて手作業
 
 次へ

トップにもどる