恐竜学者のお仕事 国立科学博物館

恐竜(きょうりゅう)をはじめとする絶滅(ぜつめつ)生物を研究!

国立科学博物館(以下、科博は1877年(明治10年)に創立(そうりつ)された、日本でもっとも歴史(れきし)ある博物館のひとつ。自然史(しぜんし)科学技術史(かがくぎじゅつし)(あつか)う国立唯一(ゆいいつ)総合(そうごう)科学博物館として運営(うんえい)されているんだよ。展示(てんじ)だけでなく、自然や科学に関する調査(ちょうさ)研究や、標本資料(しりょう)収集(しゅうしゅう)保管(ほかん)を行っているところもポイント。約80名の事務(じむ)(けい)職員(しょくいん)と、60名を()える学者・研究者が働いているんだって。
科博に所属(しょぞく)する恐竜(きょうりゅう)学者(古生物学者)のお仕事は「研究」「化石の収集(しゅうしゅう)と管理」「社会教育」「後進の育成」の4つ。おもに茨城県つくば市にある研究施設(しせつ)で、恐竜(きょうりゅう)の化石などをもとに、絶滅(ぜつめつ)してしまった生き物の生態(せいたい)起源(きげん)などについて調べているんだ。もちろん、化石を発掘(はっくつ)しに山や川など地層(ちそう)があるところに出掛(でか)けることも。ほかに、大学で講義(こうぎ)をしたり、若手(わかて)研究者の指導(しどう)をすることもあるんだよ。頭脳(ずのう)だけでなく、体力やフットワークの軽さが(もと)められるお仕事なんだね!

恐竜(きょうりゅう)学者のお仕事動画は、キッズチャレンジエキスポで公開しているものになります。

對比地(ついひじ)(たか)(のぶ)さん/恐竜(きょうりゅう)学者(古生物学者)

学者をやっていてなにより(うれ)しいのが、「発見」をしたとき。「世界で初めて(なぞ)解明(かいめい)した!」というときは、ものすごくテンションが上がります!ヘビの研究をしていて、どこまでか頭でどこからが胴体(どうたい)かを見分けるための材料になる「(かた)筋肉(きんにく)」を見つけたときは興奮(こうふん)したな。生命の神秘(しんぴ)に出会えるワクワクするお仕事です!

画像(がぞう)提供(ていきょう):国立科学博物館)

国立科学博物館のここに注目!

壮大(そうだい)歴史(れきし)()れる「地球()ナビゲーター」

上野の本館は、「地球館」「日本館」のふたつの建物に分かれているんだって。注目したいのが、地球館1階にある「地球()ナビゲーター」。約138億年の「宇宙(うちゅう)()」、約46億年の「生命()」、約700万年の「人間()」を、360度、円を(えが)くようにして配置(はいち)された巨大(きょだい)スクリーンの映像(えいぞう)でたどることができるんだ。希少な実物標本も多数展示(てんじ)されているんだって!科博に行ったら、ぜひチェックしよう!

画像(がぞう)提供(ていきょう):国立科学博物館)

国立科学博物館の SDGsチャレンジ

  • 質の高い教育をみんなに
SDGsってなに?

展示(てんじ)や標本の管理などで、「教育」を支援(しえん)する!

科博では、貴重(きちょう)な化石や標本を、未来永劫(みらいえいごう)、研究や教育に使えるよう大切に管理しているんだよ。また、地球や生命について知り、考えるきっかけになるような、工夫を()らした展示(てんじ)やイベントをたくさん実施(じっし)しているんだ。
(ゆた)かな知識(ちしき)や教養は、地球の未来を考える上で欠かせないもの。科博は、SDGsやサステナブルな社会の実現(じつげん)を「教育」の面からサポートしているんだね!

画像(がぞう)提供(ていきょう):国立科学博物館)

みんなのアイデア&質問コーナー!

恐竜(きょうりゅう)研究や古生物学研究に関する質問(しつもん)に、科博のナカの人が答えちゃうよ。「学者さんって真面目な人ばかりなの?」「化石の発掘(はっくつ)はどこでしているの?」など、ギモンに思ったことや知りたいこと、なんでも気軽にコメントを投稿(とうこう)してね!みんなから(とど)いた質問(しつもん)は、順番にナカで働く人が見て回答してくれるから少し時間がかかったり、同じような内容(ないよう)質問(しつもん)にはまとめて回答されたりするよ。楽しみに待っていてね。

恐竜(きょうりゅう)学者になるにはどうすればいいの?

恐竜(きょうりゅう)学者(古生物学者)になりたいなら、まずは大学の理学部などで、地質学(ちしつがく)、地球科学について勉強しよう。その後、大学院に進学し、博士号(はくしごう)取得(しゅとく)して、研究機関に就職(しゅうしょく)する、というのが王道のルートなんだって。
ちなみに科博の對比地(ついひじ)先生は、東京大学理学部生物学科と地学科を卒業し、アメリカのイェール大学大学院で博士号(はくしごう)取得(しゅとく)したそう。「昔から生き物が大好きで、好きな勉強を一生懸命(いっしょうけんめい)していたら研究者になっちゃった」とのこと。「恐竜(きょうりゅう)研究には、いろいろな知識(ちしき)能力(のうりょく)が必要です。英語で論文(ろんぶん)を読むための語学力、化石の発掘(はっくつ)を行うための体力など……。とにかく学校の勉強を“全部”がんばってね!」とアドバイスをしてくださいました!

画像(がぞう)提供(ていきょう):国立科学博物館)

もっと国立科学博物館を知りたい!

いますぐ国立科学博物館を楽しんでみたいなら、「自宅(じたく)で“かはく”を楽しめるコンテンツ」をチェックしてみよう。家にいながら国立科学博物館に来たように展示物(てんじぶつ)を見れる「おうちで体験!かはくVR」や、恐竜(きょうりゅう)化石の骨格(こっかく)標本を360度ぐるぐると回して観察(かんさつ)できる「ディノ・ネットデジタル恐竜(きょうりゅう)展示室(てんじしつ)」など、たくさんのコンテンツがみられるよ★

シゴトのトビラTOPへ

PAGETOP