ジェネリックのひみつ

ジェネリックのひみつ 赤川健太(あかがわけんた)は小学5年生の男の子。冬のある日、かぜをひいてしまった健太は、調剤薬局(ちょうざいやっきょく)で「ジェネリック」という聞きなれない言葉を耳にするよ。その言葉が気になって、インターネットで調べるうち、たどり着いたのは「リネの部屋」という不思議なサイト。健太は、そのサイトからあらわれた薬の妖精(ようせい)・リネに案内されて、「ジェネリック医薬品」にまつわるたくさんのひみつをさぐりに行く。

まるごと読めるよ!今すぐクリック!!

ジェネリックのひみつ

プロローグ ジェネリックって?  
第1章  どんな薬があるの?
薬の形
処方せん
薬の種類
第2章  ジェネリックのよいところ
ジェネリックの飲みやすさの工夫
ジェネリックの研究開発期間と費用
薬を飲むときに気をつけよう!
第3章  ジェネリックができるまで
薬は何からつくられている?
ジェネリックの工場
ジェネリックと沢井製薬の歴史
ジェネリックの研究所
ジェネリックの効き目や安全性は?
第4章  ジェネリックが社会を救う!?
MRって、どんな仕事?
国民健康保険制度
薬局ではらうお金
海外でのジェネリックの広がり
第5章  健康で豊かなくらしのために
エピローグ  ジェネリックをみんなに

▲このページのトップにもどる