福島県のひみつ 震災のきおくときずな

福島県のひみつ 震災のきおくときずな 2011年3月11日。家族旅行を楽しみにしていた小学4年生のミク。が、とつぜん大きな地震が……。その日から生活は一変、つらい避難所(ひなんじょ)生活が続くことに。でも明るいミクは、避難所でカイト、リュウ、みのりと友だちになり、しだいにきずなが生まれていくよ。そして震災(しんさい)から7年、別々の場所でたくましく成長して再会した4人は、それぞれの夢や未来を語り合って……。

まるごと読めるよ!今すぐクリック!!

福島県のひみつ 震災のきおくときずな

はじめに  東日本大震災
第1章  突然の地震と津波
地震に備えよう
第2章  目に見えない放射性物質への不安
原子力発電所の事故
原子力災害に備えよう
県民の健康を守る取り組み
第3章  私たちから始めよう
大きく広がった支援の輪
覚えておきたい避難所生活の工夫
第4章  安全な食べ物をつくる努力
農産物の検査
安全でおいしい福島の農産物
第5章  にぎわう町をとりもどそう
全国に届けられたフラガールの笑顔
福島が目指す新しい観光
第6章  ふるさとに向き合う心
未来の福島を担う新しい学校
人々が帰ってきた町や村
おわりに  私たちは忘れない
力を合わせて助けた動物や魚たち
震災を伝える活動

▲このページのトップにもどる