弁護士のひみつ

弁護士のひみつ 小学6年生のアヤとコウタは、同じ演劇(えんげき)クラブに所属(しょぞく)する仲間。だけど、ドッジボール大会の練習場所をめぐって言い争いになってしまうよ。演劇クラブのコーチで弁護士(べんごし)を目指す大学生、シンタロウが仲裁(ちゅうさい)してくれたのをきっかけに、弁護士の仕事に興味(きょうみ)を持ったアヤとコウタ。ふたりは、シンタロウといっしょに、裁判の現場(げんば)や法科大学院などに出かけ、弁護士の仕事のひみつをさぐっていくよ。

まるごと読めるよ!今すぐクリック!!

弁護士のひみつ

プロローグ  校内トラブル発生!?
第1章  弁護士ってどんな仕事?
弁護士のこれまで
第2章  裁判のことを知りたい
裁判所の種類
刑事裁判と民事裁判
裁判を傍聴するには
第3章  よりよい解決のために
判決と和解
第4章  法律は社会のルール
憲法と法律
第5章  依頼者のために
第6章  弁護士になるには
弁護士、裁判官、検察官になるには
日本弁護士連合会と弁護士会
弁護士の活やくの場はさまざま
活やく中の弁護士にインタビュー!
エピローグ  みんなの幸せのために

▲このページのトップにもどる