メニュー閉じる

アハティサーリ(マルッティ=)

(1937〜 )外交官(がいこうかん政治家(せいじか,元フィンランド大統領(だいとうりょう(きゅうフィンランド・ビープリ(現在(げんざいはロシア(りょう)に生まれる。少年時代にソ(れん(ぐんに追われて避難(ひなん生活を体験(たいけんし,20代に貧困撲滅(ひんこんぼくめつ目的(もくてきとするNGO(エヌジーオー参加(さんかした後,1965年フィンランド外務省(がいむしょうに入る。1977年に国連特別(こくれんとくべつ代表としてナミビアの紛争調停(ふんそうちょうていにあたり,87年に国連(こくれん本部入り。その後,ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(ふんそう,北アイルランド紛争(ふんそう,アンゴラ内戦(ないせん,インドネシア・アチェ独立紛争(どくりつふんそう,コソボ紛争(ふんそうなど世界各地(かくち紛争調停(ふんそうちょうていと和平合意に活躍(かつやく。多くの紛争(ふんそうにかかわった経験(けいけんとそれによる人脈(じんみゃくですぐれた仲介者(ちゅうかいしゃ役割(やくわり(たしてきた。1994年から2000年までフィンランド大統領(だいとうりょうをつとめ,退任後(たいにんごNGO(エヌジーオー「クライシス・マネジメント・イニシアチブ」(CMI(シーエムアイ)を(ひきいて和平活動に貢献(こうけんしている。2008年,ノーベル平和(しょう受賞(じゅしょう

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP