メニュー閉じる

*うきよえ【浮世絵】

江戸(えど時代に流行した,庶民(しょみん風俗(ふうぞくをえがいた絵画。17世紀(せいき後半に菱川師宣(ひしかわもろのぶ(もとを開いた。はじめは肉筆画であったが,木版画(もくはんがに進み,18世紀(せいき中ごろ多色ずりの錦絵(にしきえも発明された。喜多川歌麿(きたがわうたまろの美人画,東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらくの役者絵,葛飾北斎(かつしかほくさい歌川広重(うたがわひろしげ風景(ふうけい画など,多くの名品がうまれ,浮世絵(うきよえ文化(ぶんか文政(ぶんせい時代(1804〜1830年)に全盛(ぜんせいをほこった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP