メニュー閉じる

*うきよぞうし【浮世草子】

江戸(えど時代中期に流行した小説(しょうせつ浮世(うきよ,つまりこの世のできごとや人間の気持ちをありのままにえがこうとした小説(しょうせつで,男女の恋愛(れんあいをえがいた好色(こうしょく物,町人の生活をえがいた町人物,武士(ぶしの生活をえがいた武家(ぶけ物がある。

コーチ

井原西鶴(いはらさいかく代表的(だいひょうてき作者で,作品に『好色一代男(こうしょくいちだいおとこ』『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP