メニュー閉じる

うしかいざ【〈牛飼〉座】

初夏(しょかのころ天頂付近(てんちょうふきん(える星座(せいざ。うしかい(のすぐとなりには,2(ひきのイヌを(あらわしたりょうけん(があり,りょうけん(とは一体(いったい星座(せいざ(るほうがわかりやすい。北斗七星(ほくとしちせいのひしゃくの((みなみにある。α星(アルファせいはアルクトゥルスとよばれ,オレンジ(いろ(あかるく目立(めだつ1等星(とうせいである。北斗七星(ほくとしちせいのひしゃくの(のカーブを延長(えんちょうし,アルクトゥルスを(ておとめ(のスピカへとたどる曲線(きょくせんは,(はる大曲線(だいきょくせんとよばれる。また,アルクトゥルスとスピカとしし(のデネボラを(むすんでできる三角形(さんかくけいは,(はる大三角(だいさんかくとよばれる。さらに,(はる大三角(だいさんかくをつくる3つの(ほしとりょうけん(α星(アルファせい(コル・カロリ)の4つの(ほし(むすんで,(はるのダイヤモンドということもある。

星座(せいざ(さが(かた

5月上旬(じょうじゅんの23(ごろ,6月上旬(じょうじゅんの21(ごろに,ほぼ(あたま真上(まうえ(える。北斗七星(ほくとしちせいのひしゃくの((みなみ延長(えんちょうしたところにある。アルクトゥルスはひざのあたりにある。

星座(せいざ(かんする神話(しんわ

うしかい(になっている人物(じんぶつは,2(ひき猟犬(りょうけん(れた(おとこ姿(すがたであるといわれたり,(てんをかつぐ巨人(きょじんアトラスの姿(すがたであるといわれたりしている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP