メニュー閉じる

うじしゅういものがたり【宇治拾遺物語】

鎌倉(かまくら時代初期(しょき説話(せつわ集。作者は不明(ふめい。『今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう』と内容(ないようの重なるものが3分の1あまりあるが,貴族(きぞく僧侶(そうりょ武士(ぶし庶民(しょみん盗賊(とうぞくにいたるあらゆる階層(かいそうの人々が登場して,平明な文章で生き生きとえがかれている。

コーチ

「こぶとりじいさん」「わらしべ長者(ちょうじゃ」などの話もあり,後世まで広く読まれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP