メニュー閉じる

ウスバカゲロウ

トンボににた昆虫(こんちゅうで,成虫(せいちゅうは夏にあらわれ,林の中などに多く,夜,電灯(でんとう(んでくることもある。幼虫(ようちゅうはアリジゴクとよばれ,体長10〜15mm。雨のあたらない(えんの下,大木の根ぎわ,がけのふちなどの乾燥(かんそうした土に,すりばち形の(あなをつくり,中に落ちたアリなどを捕食(ほしょくする。開張(かいちょう:75〜85mm。(られる時期(じき:6〜11(がつ分布(ぶんぷ:日本全土(ぜんど。(昆虫類(こんちゅうるい アミメカゲロウ(もく ウスバカゲロウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP