メニュー閉じる

**うたがわひろしげ【歌川広重】

(1797〜1858)江戸(えど時代後期の浮世絵(うきよえ(江戸(えどの生まれ。はじめ歌川派(うたがわは浮世絵(うきよえを習い,役者絵・武者絵(むしゃえなどをかいたが,のちに葛飾北斎(かつしかほくさい影響(えいきょうを受けて風景(ふうけい画に転向,「東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ」「木曽街道六十九次(きそかいどうろくじゅうきゅうつぎ」「名所江戸百景(めいしょえどひゃくけい」など,叙情的(じょじょうてき風景(ふうけい版画(はんがを発表して,浮世絵(うきよえの新分野を開いた。

コーチ

本姓(ほんせい安藤(あんどう,画号広重(ひろしげから,安藤広重(あんどうひろしげともよばれる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP