メニュー閉じる

*うちこわし【打ちこわし】

江戸(えど時代中期以後(いご,生活に苦しむ都市の下層民(かそうみん集団(しゅうだんでおこした暴動(ぼうどう凶作(きょうさく・ききんによる米の不足(ふそく,商人が米を買いしめて値段(ねだんをつりあげたことなどが原因(げんいん。おもに江戸(えど大阪(おおさかなどでおこった。人々は,米屋・酒屋・高利貸(こうりがしなどをおそい,家屋をこわしたり,品物や借金証文(しゃっきんしょうもんをうばったりした。◇大商人をおそった大塩(おおしお(らん(1837年)も,一種(いっしゅの打ちこわしである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP