メニュー閉じる

うちゅうきほんほう【宇宙基本法】

宇宙(うちゅう空間の利用(りようや開発についての基本方針(きほんほうしんを定めた法律(ほうりつ。2008(平成(へいせい20)年5月成立(せいりつ。日本の宇宙(うちゅう開発や利用(りようについては,1966年に採択(さいたくされた国連宇宙条約(うちゅうじょうやく厳密(げんみつ(もとづき,国会決議(けつぎによって平和利用(りよう(かぎられていたが,この法律(ほうりつによって安全保障(ほしょうのための防衛利用(ぼうえいりようにも解禁(かいきんされた。さらに宇宙(うちゅう開発を国家戦略(せんりゃくと定め,内閣(ないかく宇宙(うちゅう開発戦略(せんりゃく本部を置いて宇宙基本(うちゅうきほん計画をつくるとともに,内閣府(ないかくふ宇宙局(うちゅうきょく設置(せっちした。防衛利用解禁(ぼうえいりようかいきんによって偵察衛星(ていさつえいせい情報収集衛星(じょうほうしゅうしゅうえいせい配備(はいび可能(かのうになり,その情報(じょうほう自衛隊(じえいたいが使うこともできるようになる。また,技術(ぎじゅつを向上させ宇宙産業(うちゅうさんぎょう国際競争力(こくさいきょうそうりょくを強化することも目ざしている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP