メニュー閉じる

ウツボカズラ

(はち植えにされるつる(せいの食虫植物。葉の先が大きなふくろ(じょうになり,開いたままのふたがある。ふたや入り口のへりに蜜腺(みつせんがあり虫をさそう。中に落ちた虫は消化(えきでとかされる。原産(げんさん地:カリマンタン島・マレー半島など。(被子植物(ひししょくぶつ ナデシコ(もく ウツボカズラ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP