メニュー閉じる

うつみりゅういちろう【内海隆一郎】

(1937〜2015)現代(げんだい小説(しょうせつ家。愛知(あいち県に生まれる。20代後半から小説(しょうせつを書きはじめたが中断(ちゅうだん。40代半ばでふたたび筆をとる。ごくふつうの人々を,暖かい目で見つめた作品を書きつづける。代表作に『家族の肖像(しょうぞう』『人びとの(わすれもの』『(けやき通りの人びと』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP