メニュー閉じる

うてき【雨滴】

雲粒(うんりゅうが大きくなって地上に落ちてくる水滴(すいてき雨粒(あまつぶともいう。ふつうの雨は直径(ちょっけい1〜2mmのものが多く,いろいろな大きさのものがまじってふる。直径(ちょっけいおよそ0.5mm以下(いかのものは霧雨(きりさめといい,雷雨(らいうなどのときは直径(ちょっけい3〜5mmのものがふることがある。直径(ちょっけいおよそ3mm以上(いじょうの大きさのものは,途中(とちゅう分裂(ぶんれつして,小さな水滴(すいてきになることが多い。

コーチ

雨滴(うてきの中には(すなの小さな(つぶ塩分(えんぶん硫黄酸化(いおうさんか物などがふくまれることがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP