メニュー閉じる

ウミネコ

日本各地(かくち(もっともふつうに見られるカモメ(の鳥。4〜6月ごろ,海岸近くの島の岩礁(がんしょうや草地に,草や海藻(かいそうであさい皿形の(をつくり,2〜3(ずつの(たまごをうんで集団繁殖(しゅうだんはんしょくする。◇「ニャオー・ニャオー」とネコのように鳴く声からこの名がつけられた。(鳥類(ちょうるい チドリ(もく カモメ(

コーチ

青森(あおもり(かぶ島・島根(しまね(ふみ島など,ウミネコの集団繁殖(しゅうだんはんしょく地として天然記念物(てんねんきねんぶつに指定されているところは多い。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP