メニュー閉じる

ウメエダシャク

日本各地(かくちに見られるシャクガの一種(いっしゅ。年1回発生。5〜6(がつごろにあらわれ,平地・山地に多産(たさんする。幼虫(ようちゅうはウメ・モモ・サクラなどの葉を食べる。幼虫(ようちゅう越冬(えっとうする。開張(かいちょう:40〜45mm内外。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく シャクガ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP